handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

満開

今年の冬は寒く、3月になっても、4月になっても肌寒い日が続きました。ところが昨日、いきなり入梅宣言!春を抜かして、いきなり冬から梅雨に入った感じです。
畑の野菜の生育もいまひとつ・・・。

とはいえ、そこは沖縄のこと。寒いといっても、雪の中避難生活を送られていた東北の方々のことを思えばなんのことはなし。寒いだの梅雨だの、ただの贅沢です。

そして、自然の植物は、やはり春たけなわ(というかもう初夏になってしまったのです・・・)。野の花も可憐な小さな花を一面に咲かせていますし、ブーゲンビリアにいたっては、もうこのとおり!

e0071811_18464244.jpg


団地の休憩所のブーゲンビリア。これはもうお花見しかないでしょうかね?

e0071811_18465228.jpg


溢れんばかりの生命力。ブーゲンビリアの樹の下には、はたしてなにが埋まっているのでしょう?
[PR]
# by morinoki8 | 2011-05-01 18:49 | つれづれ

吊下げライト

裸電球の吊下げライト結構好きです。
なんか懐かしい感じ。

でも、裸電球だけだとまぶしいし、雰囲気も少し侘しい。
そこで、木の笠をつけてみました。





木の表皮のカーブをそのまま活かして、内側をチェンソーでガリガリ掘りました。チェンソーやえぐりカッターを使うと、何故かパンツの中まで木屑が沢山入ってきます。全身屑まみれです。





お木楽屋の蛍光灯をすべてはずして、この木の笠のライトとスポットだけの暖色系の灯りにしました。
写真では色がよく分かりませんが、ホカホカと暖かい感じのお店になり大満足です。落ち着きますよ。
[PR]
# by morinoki8 | 2011-04-26 20:44 | 照明

看板作り

お木楽屋のテナントビルの裏階段の整備の記事を以前書きましたが、その続報。





テナントの集合看板のフレームを壁に取り付け、アームライトも設置。
アームライトの電球をスポットに切り替えたいのですが、お金がなくて・・・。とりあえず省エネ電球です。





で、2F看板の隣にお木楽屋の立て看板も。Cafe Chapterさんと並んで。





単独アップ。大鋸とふくろう君をあしらってみました。
この看板の効果があったのかどうか、先週から裏階段を上って2Fにこられるお客さんの数がたいそう増えました。めでたし。

でもでも、テナントビルの周辺は、むちゃくちゃ派手なテナントビルばかりなので、まだまださびしい。
plaza-fの他のテナントさんもどしどし出してくれたらいいのに・・・。
[PR]
# by morinoki8 | 2011-04-24 18:50 | お木楽屋

棚がイロイロ その1

お木楽屋のディスプレイも兼ねて、大小形も色も様々な棚がそろいました。
昨日からCafe Chapterさんで開催中の「工房ことりの カフェとうつわ」展にて出張中ですので、そちらの写真から。

e0071811_17445371.jpg


まずは、壁掛けシェルフ。素材はクスノキですが白と濃い茶色のツートンカラー。陶器にとっても合います。¥4500


e0071811_17451534.jpg


こちらは、Chapterさんとことりのさんのイメージで、展示会にあわせて作った壁掛けの飾り棚。2年ほどの間、雨風に晒された杉材を鉋をかけずにそのまま使っています。なので、ひねりもあればゆがみも。
12マスありますので、歪んだ板では作るのが大変。鉋をかけて直角を出して作れば安く出来るのですが・・・。まあ、味を出すためにそのままで。その手間を含めて6000円(安い?)


e0071811_17453444.jpg


在庫の飾り棚二つ。こちらはクスノキ。
分解して工房で眠ること半年余り。こちらは丁寧に棚板の歪みも直し、改めて仕上げをしたので新品同様に美しくなりました。やちむんに合うこと合うこと。48000円


e0071811_1746137.jpg


同じく琉球松。歪みを直す過程で棚板がスマートになり、いい感じに。48000円

以上、handicraft森の樹制作の棚4種でした。
[PR]
# by morinoki8 | 2011-04-22 17:46 | 棚・チェスト

出来ることから…

東北関東大震災の犠牲者の方々のご冥福をお祈りし、また、被災者の方々、そのご家族にお見舞い申し上げます。少しでも早く、皆様の平穏が取り戻せることを心よりお祈りしております。

今日で、地震発生から1週間経ちました。行方不明者の捜索、避難所への物資の輸送、燃料不足等々まだまだ混乱の極みの中にあり、原発も予断を許さない状況が続いています。

いまだにこれは夢ではないか、どうにかして悪夢から醒めたい、という気持ちの中、仕事もうまく手につかず、かといってなにか自分が被災地の役に立つことは、現時点では特になく、無力感の中呆然と日々を送ってしまっています。

僕自身、阪神大震災の時は被災者となり、その時に感じたこと考えたことが、組織の一員ではなく、個人として生きようと仕事を辞めて沖縄に移住してきたきっかけとなりました。

さて、かつての被災者の一人として、地震発生直後には、プロと行政にまずは救援を委ね、それについて足を引っ張らないことが何より大事なことだと思っています。内田樹氏が、13日に早くもそのことを実に整然とした文章で表明しています。
少し紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このような場合に“安全なところにいるもの”の基本的なふるまいかたについて自戒をこめて確認しておきたい。

(1)寛容
(略)
こういう状況のときに“否定的なことば”を発することは抑制すべきだと思う。いまはオールジャパンで被災者の救援と、被災地の復興にあたるべきときであり、他責的なことばづかいで行政や当局者の責任を問い詰めたり、無能力をなじったりすることは控えるべきだ。
彼らは今もこれからもその公的立場上、救援活動と復興活動の主体とならなければならない。不眠不休の激務にあたっている人々は物心両面での支援を必要としている。モラルサポートを惜しむべきときではない。“安全なところにいる人間”と“現地で苦しんでいる人間”を差別化して、“苦しんでいる人間”を代表するような言葉づかいで“安全なところにいる人間”をなじる人間がいる。
そういうしかたで自分自身の個人的な不満や攻撃性をリリースすることは、被災者の苦しみを自己利益のために利用していることに他ならない。自制して欲しい。

(2)臨機応変
(略)

(3)専門家への委託
オールジャパンでの支援というのは、ここに“政治イデオロギー”も“市場原理”も関与すべきではない、ということである。国民国家という共同体が維持されるために必要な根源的な資源のことを“社会的共通資本”と呼ぶということは、これまでもここで繰り返し書いてきた。

(略)

災害への対応は何よりも専門家に委託すべきことがらであり、いかなる“政治的正しさ”とも取引上の利得ともかかわりを持つべきではない。私たちは私たちが委託した専門家の指示に従って、整然とふるまうべきだろう。
(後略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全部を転載するのは、あまりに他力本願が過ぎると思い、中途半端に省略してしまいました。僕にはここまで理路整然とした文章を書けないので、どうかお許しいただき、ぜひ、全文を内田氏のブログでお読みいただきたいと思う。
(内田樹の研究室より「未曾有の災害の時に」

管総理をはじめとして官邸に対する批判を行えるのは、被災地の現場の人間のみであると思うが、しかし安全な場所にいる人間の批判のための批判が横行している。
それが、自民党の政治家、マスコミ(読売新聞の記事は読むに耐えない)、経団連会長という大きな社会的影響力を持つ人間がそのような言動を、この状況の中で繰り返しているのをみると、社会が音を立てて崩壊していくのを感じてしまう。

一方で、ラジオや新聞では、全国各地、そして世界中からの励ましの声や支援の輪が広がっています。これから僕自身、とりあえずは義援金を送るくらいのことしかできないかもしれませんが、今から小さくともなにか行動を起こそうと思っています。
[PR]
# by morinoki8 | 2011-03-18 20:42 | つれづれ

裏階段

しばらくお休み中のもりもり日記ですが、日ごろの様子は、お木楽屋日記をご覧ください。

さてさて、そのお木楽屋ですが、
お木楽屋の入っているテナントビル”PLAZA-f”。
お木楽屋はその2階の一番奥に位置します。
一番奥のスペースには、トイレと裏階段が。
表から入ると一番奥ですが、裏から入ると今度は正面になります。

お隣のCafe Chapterさんと協力して裏階段をお客様用の階段としてリニューアルしました。

まずは、高圧洗浄機でせっせと階段のお掃除。
3人がかりで、手すりのペンキを塗り
ゆいむん工房さんが階段のコンクリートの下地を塗り
Chapterさんとわたくし工房森の樹でコンクリートにもペンキ塗り。

ずいぶんときれいになりましたがきれいなだけではお客さんは上ってくれません。

e0071811_1943766.jpg


e0071811_194555.jpg


Chapterさんとデザインの相談をして3コマ漫画の誘導標識と


e0071811_1951271.jpg


路地には立て看板。

なかなかお洒落です(自画自賛)。

あとは、2階のお店の集合看板と照明ですね。
仕事は山積みです。
お客さんたくさん来ますように!
[PR]
# by morinoki8 | 2011-02-19 19:05 | お木楽屋

またまたご無沙汰です

また間が空いてしまいました。
PCは早々と直っているし、私がたるんでいるわけでもありません。

って本当は、このブログでもたくさん告知や報告をすべきことが山のようにあり、手が回っていないだけです。
別のブログには結構記事を書いていますので(そちらは僕だけが書いているわけではありませんが)以下をクリックしてご覧ください。

ウッディ・ビエンナーレin沖縄

e0071811_18262726.jpg


e0071811_18263952.jpg


コンペは28点の参加があり賞も決まり、25日からは展示会もスタートしています!
ぜひ見てください。

e0071811_1829345.jpg


こちらは森の樹作の"Rodeo Rabbit"。ロッキングに山が3つありますので、バタンバタンと飛び跳ねます。でも落選(涙)。1票は入ったんですけどね・・・。

お店のお木楽屋ももちろん営業中


e0071811_18281414.jpg


お木楽屋


ということで元気です。活躍中です(ほんま)。
[PR]
# by morinoki8 | 2011-01-30 18:20 | イベント・展示会
って、もう15日やがな!すいません。
実をいいますと、新年早々、いきなりPCが壊れちゃったんです。シクシク。
年末に、バカな操作をしてデーターをぶっ壊した(なんとか半分くらいは、リカバリーシステムで戻りましたが)ばかりだというのに。今度は機械のハードそのものがいかれてしまいました。まるで僕のおつむみたです。シクシク。
保証期間を長く契約していたので、ただで直るみたいですが、10日ほどPC無しです。今は、お木楽屋の隣のcafe chapterさんの貸し出しIPADで書いています。

パソコンがないのがこんなに不便だとは。。。。シクシク。
ウッディビエンナーレのイベントもスタートしているのに。
まあ、古い10年前のパソコンがあるので、業務連絡だけはなんとかなっていますが。

新年早々、情けない記事になってしまいました。
でもでも、元気です。今年も頑張ります。ふぁいとぉ!
本年もよろしくお願いします。
[PR]
# by morinoki8 | 2011-01-16 18:36 | つれづれ

お木楽屋の周り

お木楽屋は、北谷町美浜、アメリカンビレッジのど真ん中にあります。

e0071811_1653633.jpg


今年の7月にグランド・オープンした<デポ・アイランド>!若者と観光客でいっぱい。美浜がまた賑やかになりました。

e0071811_16532669.jpg


こちらは前からある<アメリカン・デポ>と観覧車。お木楽屋のあるplaza-fは、アメリカン・デポとデポ・アイランドに挟まれた白い建物です。

e0071811_16535667.jpg


正確に言うと、アメリカン・デポの一角で、plaza-fの隣は、沖縄を代表する現代版画家名嘉睦捻氏の新しいギャラリー<ARAKA>。スペインと沖縄のハイブリッドのような不思議な形の建物です。

e0071811_16542152.jpg


plaza-fを川沿いから見た所。おしゃれなcafeの看板が目を引きます。ここで記念撮影をする観光客もたくさん。クリスマス頃にオープン予定のお仲間の<CAFE CHAPTER>さんの外観。お木楽屋は<CAFE CHAPTER>の内装全般を引き受けました。この看板もお木楽屋の制作です。かっこいい!

内装工事の様子、オープンの予定等、<CAFE CHAPTER>さんのお話はまた掲載していきますね。

e0071811_16543910.jpg


というわけで、看板にしたがって2階のお木楽屋まで、どうぞお越しくださいませ。
[PR]
# by morinoki8 | 2010-12-13 16:54 | お木楽屋

お木楽屋日記から

スタートしたばかりの<お木楽屋>
<お木楽屋>は、「ゆいむん工房」と「handicraft森の樹」の共同のギャラリーで、2つの工房とそしてお隣のテナントブースにオープンする<CAFE CHAPTER>さんの3名でお店番をしています。

でも、私(森の樹)もゆいむんさんもCHAPTERさんもみんな師走のお店のオープンということで、いろいろ大忙し。なかなか記事を投稿できません。でも、なんとかがんばっていろいろ木工家具のこと、樹のこと、使い方やメンテナンス、新作の紹介とがんばっていきたいと思っています。

e0071811_20325380.jpg


昨日は「ゆいむん工房」さんの当番。ビルのトイレが詰まり、上や下への大騒ぎだったようです。原因はパンツ。業者さんまでやってきて、配管を外してやっとのことで直したとのこと。お疲れ様です。しかし、トイレにパンツを流すなよ!!バカたれ!と思います。
そのバタバタの中で、お店のガラスにカッティングシートで営業時間のご案内を貼りました。
トイレ騒ぎで出来なかった英語版は今週末に。

e0071811_20331113.jpg


今日は私「森の樹」の当番。昨日工房で制作した「オーダーメイド家具受付」の看板を取り付けました。お洒落でしょ?

e0071811_20332681.jpg


こちらは、東京の私の古巣、WWBジャパンの奥谷代表から届いた豪華なクリスマスリース!開店祝いに。直径45cmでゴージャスです。ありがとうございます!!


e0071811_20335749.jpg


「ゆいむん工房」の新作。櫂と亀のライト。琉宮城へのご招待。天井に巨大なプロペラの影が映ります。他のテナントのお姉さま方から大人気。

e0071811_2034993.jpg


「森の樹」の新作。摺漆琉球松舟形座卓。本年のウッディフェアコンペで3等賞でした。漆塗りなので水にも強く、和室、洋間どちらにもマッチします。写真の様にしっとりと落ち着いた感じが、作者の人柄を表わしています(ほんま)。

次第に品物がいっぱいになりにぎやかな店内です。皆様のお越しをお待ちしています。
[PR]
# by morinoki8 | 2010-12-12 20:34 | お木楽屋