handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最近の今日この頃

まずは、30年ぶりの高校の同窓会。30年ぶりといえば、卒業後初めてではないですか?

e0071811_21243517.jpg


光陰矢の如し、月日は百代の過客にて、皆盛大におっさん、おばはんになっておりました(涙?笑?)。
でも、400人の同窓生、この日参加した100名を超える皆、その数だけそれぞれの人生があるのですね。あたり前の話だけれども。

同窓会の話は、この日のスナップ写真がCDで届く予定なので、またその時に。

で、実家に戻り、翌日は暇なので車を借りて倉敷に

e0071811_21251540.jpg

e0071811_21253190.jpg


柳に和の美しさを感じます。そして写真だととても涼しげ。実際は、むちゃくちゃな暑さでした。
倉敷に来たのは、日本郷土玩具館と倉敷民芸館が目的。
でもやっぱり倉敷は、大原美術館ですね。工芸分野でも。

その翌日は、両親と一緒に、県北美作~粟倉村へドライブ

e0071811_21262229.jpg


写真は、湯郷温泉にあるオルゴール夢館のオルゴールの部屋。中央のピエロは、眠気と戦いながら恋人に手紙を書きます。見事なオートマタ。

e0071811_21264470.jpg


こちらは、このオルゴール夢館の元々を自費で作った、世界的なオートマタ作家の故西田明夫氏の作品。一度沖縄で直接西田さんのお話を聞くことが出来たのは、今となっては貴重な経験です。
そうそう、なでしこジャパンでいきなり全国区になった湯郷温泉ですが、女子サッカーだけでなく、地道に街をあげてがんばっていました。以前はあんなに寂れていたのに。人の知恵と熱意はたいしたものです。

e0071811_212839.jpg


時間は前後しますが、台風9号。強大な風を吹き付けて2日間居座り続けました。工房の後片付けや修理も、あとから気づいたところもあり、3日ほど費やしました。
写真は停電中に、珍しく3人揃った兄弟で、ろうそくの灯りで久々のトランプをしているところ。
たまには停電もいいのですが、光電話もネットもがこのあと5日も不通。こんな弱いシステム組んでどうするつもりなのでしょうNTTさんも。

e0071811_2133426.jpg


台風の後、市役所から電話。「デイゴの樹が倒れているけど使えないか」とのこと。
ゆいむん工房さん、Oさんに声をかけて現場へ。大きな(直径80cm以上)樹が、根元から裂けていました。
しかし、これは大きすぎる・・・・チェンソーがあるとはいえ木工屋には手に余ります。
というわけで、伐採屋さんを紹介して断念。

e0071811_21341924.jpg


そして海。今年はまだ一度も泳いでいませんでした。
恒例の夏キャンプが今年最初にして最後の海。小潮で潮の流れが緩やかなので、リーフの際までシュノーケリング。ここは竜宮城か、慶良間の海かと見まがうほどの美しさ。色とりどりのサンゴ、本島の浅瀬ではあまり見ることのないテーブルサンゴまで大きく育っていました。そして目の前を横切るのはこれまたカラフルな魚たちの壁。ぷかりぷかりと浮かびながら、ただただ見とれてしまいます。大小のシャコ貝や大きなタコもこんにちは。とても癒されました。来年はもっと頻繁に泳ぎにいかなくっちゃ!

e0071811_2134274.jpg


そしてその夜は、Mさんパパのギターに乗って、大騒ぎ大会。うちの奥様も、おじ様たちも悦に入っています。
(後ろのTシャツは、生活風景ではありません。紫外線の強い沖縄の海ではTシャツを着て泳ぐのです。なのでここはもちろん海岸のゲストハウスなのです)
[PR]
by morinoki8 | 2011-08-31 22:52 | ゆかいな仲間
7月末に行われた「木育キャラバンinユッカヌヒー」。
なんと2日間で3000人を大きく上回る来場者がありました。

e0071811_1839941.jpg


e0071811_18393499.jpg


東京おもちゃ美術館よりやってきた300点を超える木のおもちゃで子どもたちが夢中で遊びました。そりゃそうです。大人の僕だってひとつひとつ全部試してみたい。

e0071811_18403456.jpg


そうして思う存分遊んで出てきたところにあるのが、われわれ沖縄県内の木工家による販売コーナー。そのままの勢いで、子供たちは派手に遊んでくれました。こちらは壊れるんじゃないかとヒヤヒヤドキドキ
写真は、私のブースで一緒に出展した大型新人作家Oさん(今回がイベント初出展です!)の力作のドールハウス。

e0071811_18395638.jpg


会場の外では、メニュー盛りだくさんの木工教室。箸作り、独楽作り、糸鋸工作、人形づくり、ヨーヨー作り、自由工作等々。こちらも息つく暇も無く大勢の子どもたちや親子が参加しました。

このイベントは、林野庁、沖縄県のバックアップもあり、「木育」をテーマにシンポジウムも同時に開催されました。シンポジウムの内容は、またおって報告できれば、と思います。
で、この大きなイベントには、「ウッディ・ビエンナーレin沖縄実行委員会」も協力団体として参加したのですが、そのウッディ・ビエンナーレの特別顧問の小黒三郎氏からは、「丹波の森ウッドクラフト展」の参加を沖縄で呼びかけて欲しいと、何度も募集要項が送られてきました。

個人としては(「自分の出品は間に合わないかもしれない・・・」という)泣き言の手紙を送りましたが、でも、そこはそれ、そういうわけにもいきません。

というわけで、いろいろ考えました。

e0071811_18412461.jpg


これは、題して「ペンギンママ」。

e0071811_10554016.jpg


卵を抱えてえっちらおっちら、ヨタヨタ歩きます。
まあ、詳細と結果は、また後ほど。

しばらく木のおもちゃ、続きそうです。
[PR]
by morinoki8 | 2011-08-27 18:00 | 木のおもちゃ&キッズ

最近のお仕事その1

残暑お見舞い申し上げます。

内地ほどではありませんが、沖縄もまだまだ暑いです。これからもまだ夏が続く沖縄と内地の気温が次第に逆転していく頃ですね。

さてさて、しばらくご無沙汰でしたが、最近のお仕事をいくつか。

e0071811_1721458.jpg


こちらは、西海岸の高級リゾートホテル様からのご注文。このホテルで結婚式を挙げられたお客様へのリピートプレゼント。フレームのサイズは葉書大ですが、縦横どちらもそのまま飾れるように、フレームが2重になっています(大変な手間隙がかかります)。内側の材は琉球松。外側はアカギ。スペインと沖縄の海と太陽をイメージしています。2ヶ月以上にわたる打ち合わせと、数度にわたるサンプルの作成を経て、とちあえず50セットの納品を行いました。とても精密な作業が延々と続きエネルギーを使いました。
作品の詳細についての紹介は、ホテル様からのGOサインが出てから改めて。年内にさらに50セット納品の予定です。

e0071811_1721407.jpg


こちらは、電子制御部品のメーカーから。ナチュラルテイストのギターアンプです。とりあえずの試作品としてホワイトパインで。蟻組みで、とのご注文でしたが、このサイズだとテンプレートが使えないので、鋸と鑿での手作業で加工しました。やわらかいホワイトパインですが、こういう細かい作業では逆に難しい。

e0071811_17215822.jpg


ホワイトパインでの試作品納品後、続いて、琉球松でのご注文もいただきました。同じ松(針葉樹)ということでやはり小さな割れが出やすいのですが、松の中では最も硬い部類の琉球松、美しく仕上げることが出来ました。堅いので音もいいはず。次回は、木目が素直で堅い桜での制作を提案しています。

e0071811_17224293.jpg


こちらはなんでしょう?
木材から新たに樹を再生?

e0071811_1722596.jpg


前の記事にある「木育キャラバンinユッカヌヒー」のイベントに合わせて、被災地への支援を呼びかける「えがおのツリー」です。木育キャラバンの実行委員長の土屋様からのご注文でイベント直前の徹夜仕事でした(^○^;)

e0071811_17232884.jpg


沢山の方がご協力してくださり、花満開!!
この後、他のイベントやクリスマスでも活躍する予定とのこと。

というわけで、木育キャラバンの報告も兼ねて「最近の仕事 その2」へ続きます。
[PR]
by morinoki8 | 2011-08-25 17:40 | オーダーメイド