handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小黒先生と同行して来沖された陶芸家の近藤氏が自らの修行時代を振り返りながら次のように言われました。

「師匠の作るものを、師匠の技を完全にコピー出来るようになるまでが修行なんだよね。でも、どうしても『自分』が出ちゃう。ダメな人ほどすぐ『自分』が出て来るんだよ」と。

小黒先生は、糸鋸の職人として工房に入りたい人に対して「一年間、ひたすら線を切る練習をしてください。1年間続けられたら合格です。工房で受け入れます」と宣告されているとのことでした。

共に重い言葉だと思います。

僕自身は、そういう直接の師匠を持たず、職業訓練校と建具屋を駆け足で抜けた後、やはり駆け足で日銭稼ぎにモノを作り始めた人間なので、そういう師弟関係をとてもうらやましく思います。そういうことができるのは十代か二十代前半までのことでしょう。

世の中には、すぐオリジナルだ、「自分らしさ」だという人がいますがどうにも薄っぺらい。師匠の獲得したものを自分もまた獲得した上で、それでも溢れ出てくるもの、そこではじめて「オリジナル」と言えるのでしょう。

同じく一緒にお話した木地玩具作家の平林さんは「いままでにないからくり独楽を考えるのに四苦八苦しています。よおし、これならどうだ!というものを考え付いても、調べてみると、たいてい師匠がすでに作っている物だったりするんですよ」と云われていました。
やはり、オリジナル/創造の難しさを語られたのだと思います。

極端な例ですが、「他人と違うことをするのがオリジナルだ」と思っていると思われる知り合いの木工屋がいます。彼は極端なので、道具の使い方も本来の使い方をあえて外します。小さな丸い穴を開けるときにはドリル錐を使えば簡単なのですが、他人と同じことをしたくない彼は、ルーターという重たい機械を使います。平面を研磨する時には、ベルトサンダーという便利な機械があるのですが、かれはポリッシャーという高速円運動をする機械を使います。またサンドペーパーは一般に方向性がランダムですが、彼は、仕上げ鉋のように気合を入れて一方向に滑らせます。

結局、膨大な時間をかけて不完全な仕事が出来上がります。当然の結果とはいえ悲しいことです。

だって機械だって、鑿や鉋やノコギリだって、全部自分が考えたものじゃなくて、1000年を超える歴史の中で、気の遠くなるような試行錯誤と仕事によって現在の形になっているんですから。
作るものも椅子だってテーブルだって基本的な形は決まっています。脚が29本ある椅子は誰も作りません(アートならば別の話ですが)。

そんなこんなを無視して出来上がるものはオリジナルなんてものではなくて、単なる出来損ないですよね。

と、他人の批判をしておいて、じゃあ、てめえはどういう風にものを作っているのか?エラソーなことを言ってないで、それを聞かせろ!と言われるでしょう。
実は、この7月に、はじめて自分の名前でプロの展示会に出品して丸十年になります。
吉本隆明が「なんでもいい、ひとつのことを10年続けることができれば、それで食えます。一人前です」と繰り返し言っています。その言葉を信じてやっとここまで来ました。

この機会にちょっといままでを振り返って、そして次の5年、10年を、どうしたいのか、どうすべきなのか、自分のための指針として考えてみたいと思っています。

とはいえ、吉本隆明は「丸々10年じゃないと駄目ですよ。9年と364日では駄目ですよ(笑)」とも言っています。ということは後半年まだ残っています。この大不況の中、それまで持つか、handicraft森の樹?!
[PR]
by morinoki8 | 2009-01-28 19:19 | 工芸
組み木の世界の第一人者で、海外でも有名な小黒三郎先生。
8年前より、沖縄との縁がつながり、2年に一度のペースで個展を開催。

e0071811_20444354.jpg


小黒さんの個展に伺うのは今回で2回目。前回は多分6年前か。今回はゆいむん工房の長嶺さんと一緒に見に行きましたいやー、あれもこれもどれもそれも欲しくなりました。
特に飾り雛。
上のDMのものは3段ですが、5段のものもあり豪華。
値段も、一般の飾り雛の価格に比べるととてもお手ごろ。

大先生を相手にしていうのもなんですが、悔しい。
木工作家の展示会で、勉強をさせていただくことは多々あっても、そのものを欲しい、と思うことは、ほとんどない。ぺーぺーとはいえ、同業者に「欲しい!!」と思わせるその力量。まったく横綱です。

「欲しい」は置いといて、前回にはあまり感じなかった「作品の凄さ」を今回はつくづく感じました。それはこちら側の成長の証でもあるのでしょう。自分に力がついてこそ分かる相手の凄さ。と、さりげなく「我誉め」も滑り込ませておきましょう。

さてその小黒先生、我があっぺ-師匠とそしてなぜか「おもしろもんちゅうま」の中馬君と仲良し。ゆいむん工房さんの子供が通う本部小学校での小黒三郎ワークショップを終えた夜、中馬君が幹事のやんばるでの呑み会にお誘いを頂きました。

呑み会には、小黒さんに同行された陶芸家の近藤靖宏さんと木地玩具作家の平林正志さん、沖縄の組み木玩具作家の有賀さんとわれらがあっぺー組で。

平林さんの持ち出した小さなからくり独楽で、皆で独楽回し大会。

e0071811_212660.jpg


「こうやるんだ!これは!」と楽しそうなのが小黒さん

e0071811_2122038.jpg


あっぺー師匠も挑戦しましたがあえなく撃沈。小黒さんと作者の平林さん以外は、誰も回せないのでした。うーむ。

その後、改めての自己紹介でトップバッターの近藤氏が人生を語ったため、そのあとは、それぞれの人生を語る会になっていきました。私もついつい、前の仕事を辞めて沖縄に移った理由、木工をはじめた訳、を語ってしまいました。あの怒涛の1996年を語るのも久々でしたが・・・。

先輩方の話を聞いて、ここで書きたいテーマもいくつかいただきました。
また、折に触れて書いていきたいと思います。
[PR]
by morinoki8 | 2009-01-25 20:54 | 工芸

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます!

って遅すぎますね。ごめんなさい。
6日に岡山の実家より戻ってきて、溜まった仕事を片付けて、急ぎの業務連絡をいくつもこなしたり、あれやこれやで15日になってしまいました。

年末に入って来た急ぎの仕事のひとつは、恒例の海底熟成古酒「じゅごんの里」の箱作り。
7日からせっせせっせと100個仕上げました。

e0071811_21574067.jpg


なんとか無事に納品しました。ふう。

13日には、今日から始るmokumokuの「食器棚展」の搬入・ディスプレイのため宜野湾へ。って言っても、新年早々上記の仕事で、森の樹の食器棚は未完、搬入出来ず。ごめんなさい。今月中にはなんとか・・・・・・・・。

その日は、昼からやんばるへとんぼ返りで今帰仁村のゲストハウスへ。
mokumokuの新年会&メンバーのKANさん千代美ちゃんの結婚祝いパーティ!
mokumokuのメンバー同士が、めでたく結ばれました。いやはや。
これでmokumokuも歴史的使命を果たしたか?!

e0071811_2221027.jpg


あまりのピンボケ写真だったので、セピア色に。
でも、夕方から鶏を捌いて、アグーやブリも焼いたり煮たり、とても楽しい一夜でした。

e0071811_22229100.jpg


沖縄に帰った翌日、早くも目にした寒緋桜。
南の国からの春の便りとして・・・。

とはいってもこの寒波。沖縄も寒いっす。

てなわけで本年もよろしくお願い致します!
[PR]
by morinoki8 | 2009-01-15 22:04 | つれづれ

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
2009年ですね~
平成も21年ですよ~!!
平成になったあの日あの時から、
21年も経ったなんて・・・・
ついこないだの気がするのに。

宇野千代だったか「ふと気がついたら80になってたのよ」
みたいなセリフを何かで読んで、
そんなアホな~と思ってましたが。
充分ありうる・・・と思える月日の流れの早さ・・・・のこの頃です。
今年は牛年ですが、沖縄生まれの娘の干支でもあります。
いやあ~12年か・・・
と、感慨にふけってばかりいても、はじまりませんのでご挨拶。

去年は本当に厳しい年でしたので、
少しでも前向きなよい年になりますように!
本年もよろしくお願います。

お正月らしいものを・・・と考え今年初めて飾った正月用花
e0071811_2015257.jpg

心なしか乱れてるような気がするのは、たぶんコイツのせいです・・・
                              ↓
e0071811_20183290.jpg

じ~っとベタを観察中・・・
そのうち大惨事になるのではと、びびってますが、水槽が相当重いのでまだ大丈夫・・・なはず。

morimoriは、年末から恒例の岡山実家への手伝いに行ってます。
私は仕事が5日まで休みなので、のんび~りしてます。

doremi
[PR]
by morinoki8 | 2009-01-03 19:55 | つれづれ