handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

展示会開催中!

下記の「やんばるの草花と手仕事展」、昨日より開催中です。

一昨日朝10時に集合し、ディスプレイをしました。3時からは嵯峨御流の玉城敬甫先生達により、私達の花器に花が活けられました。

e0071811_22524838.jpg


ぎゃらりー入り口正面に迎え花を活ける玉城先生(向かって左側)と同じく嵯峨御流師範の妹さん。
パピルスやトーチ・ジンジャーといった熱帯植物で大胆に南国の雰囲気です。

e0071811_22513231.jpg


こちらは試作の釣り飾り棚に陶器とお花を。
飾り棚は細かい寸法のバランスをもう一度見直します。一度作ると修正点がたくさん。

e0071811_22514658.jpg


こちらはいろいろな花器にお花がたくさん。
上の写真もそうですが、大皿が水盆になったり、蚊取り線香の器が花器になったり、これも「見立て」のひとつなのでしょうが、その自由さにちょっと吃驚。
花の世界はまったく知らなかったので、逆に堅苦しく考えていたようです。実際の活け花はとても自由でした。

e0071811_22515639.jpg


こちらは下の記事に出てきた摺り漆のダイニングセット。なんか品があるでしょ?って細かい部分を見なければ、漆のお陰で上々です。

e0071811_2315697.jpg


平山ふさえ氏による芭蕉の糸作りも実演中(中央)。右の美人は琉球藍の中村佳子氏。
芭蕉布も琉球藍もとても涼しげです。

というわけで日曜日まで開催しています。ぜひおこしください。
[PR]
by morinoki8 | 2007-07-26 23:03 | 工芸
暑いですね。
海の中の島、沖縄は湿気ムンムン。
ただ、やはり島なので、いつも風が吹いているので長く暑い夏もなんとか過ごせます。
で、高温多湿といえば、漆。

通常の塗料と違い、漆は空気中の水分と化学反応を起して硬化しますので、高温多湿が最適。(塗りだと硬化が早すぎて逆に大変かもしれません。摺り漆の場合は丁度いいです)

7/25から始まる「やんばるの草花と手仕事展」に向けて、漆三昧の日々です。
なので、痒い痒い。
漆と汗疹と蚊の三重攻撃で、一日中どこかを掻いています。でも変な病気ではありませんので、私を見かけた方は、そういう姿を見てもご安心下さい。

e0071811_21485743.jpg


こちらは、いちどオイル仕上げていたクスノキのダイニングテーブルを磨きなおして摺り漆に。
木地から漆ではなく、後からの重ね塗りなのでやはり少々難しい。
オイル面を剥がしたペーパーの後が残り、ムラが少々。何度も何度も研ぎなおして一応完成しました。ただ、表面のオイルは剥がしましたが、木地にはオイルが含まれています(硬化済)ので、色が明るくていい感じにも。あまり漆漆しないのが軽くていい。

e0071811_21483464.jpg


こちらも塗りなおしたチェア。

e0071811_21493996.jpg


こちらは栴檀、コテコテ和風。でも写真(フラッシュの光も)だからこんなコテコテなんで、実物はもっとさらっと透明な感じです。

というわけで、いよいよ明後日からは搬入、25日(水)から展示会です。
これを機会に、HPも取り急ぎ更新しました。展示会情報はHPでもご覧下さい。

やんばるの草花と手仕事展~陶・木・藍・芭蕉・花~

e0071811_21501118.jpg


2007年7月25日(水)~29日(日)
11:00~18:00
喫茶・ぎゃらりー しゃし☆くまーる
名護市源河2523-5(オーシッタイ)
TEL:0980-55-8360

(上記写真は、陶芸の山上学氏との合作の壁掛け二輪挿しです)
お問い合わせは、森の樹(090-1942-9882)まで

[PR]
by morinoki8 | 2007-07-22 22:07 | 工芸

時代の終わり

昨日ニュースで、臨床心理学者の河合隼雄氏の死去が報じられました。

昨年8月に脳梗塞で倒れられてから意識不明の状態が続いていたので、そのこと自体は冷静に受け止められましたが、やはり大きな喪失感を持ちました。
(一年近くに渡る病床で、ご家族の皆さまをはじめ関係者の方々のご心労は大変なことだったと推察いたします。ご冥福をお祈りいたします)。

昨月元首相の宮沢喜一氏、そして今週の元共産党議長の宮本憲冶氏の訃報と相次ぎました。
政治思想あるいはその実績等々に関しては別にして、やはり「昭和」あるいは「戦後」の生き証人、あるいはその時代そのものを生きた人の訃報は、ひとつの時代の終焉を感じさせます。

という書き方をすると新聞記事みたいですね。よくないな。
簡単にいうと「もっと、ずっと生きていて欲しい」という一市井の人間の願望です。

戦後生まれとはいえ、僕よりはずっと年長である安部首相が「戦後レジームの解体」などという子供じみた実に浅はかなセリフを堂々と口にする世の中であってみれば、戦前・戦中・戦後を生き抜いた(あるいは政治の中枢に居続けた)宮沢氏、宮本氏のような存在は、我々にとって宝のような気がします。

と、政治の話を書くつもりはまったくありませんでした。ごめんなさい。

河合氏については、僕はそれほどちゃんとした読者ではありません。でも河合氏と同世代(前後10年くらいの幅で)の先達は、10代後半から20代前半の時期のビッグネーム。当時の僕の憧れでもあり、遠く彼方で瞬く巨星でもありました。
(河合先生については、文部官僚がよってたかってぐちゃぐちゃにしたK大吉田寮の問題を、先生が学生部長に就任した途端に解決の道筋をつけ、「さすが河合センセイ!」と仲間達と祝杯を揚げたのが昨日のようです)

この年代の巨星が老齢になり、そろそろ、少しづつ、寂しく、なる、かな・・・・なんてことをなんとなくdoremikoさんとも話していたこの頃です。

河合氏が亡くなった当日の朝の新聞には梅原猛氏が元気一杯の笑顔で数年がかりの大仕事の報告をされておられました。現在82歳とのこと。梅原氏は、多分90歳になっても100歳になっても現役だと思いますが、いつまでもお元気でいていただきたいと思います。

巨星が落ちると、僕のような市井の凡人まで喪失感で胸が空く、というとめどもない一文でした。
[PR]
by morinoki8 | 2007-07-20 20:52 | つれづれ

だらりだらり

久々の台風の直撃でした。

新聞によると3年ぶりとか・・・。
そうか去年もおとどしも直撃無かったか・・・。
宮古や石垣は去年大変だったけど・・・。

というわけで、昨日より一家一同揃って休暇モードに。
直撃は怖いですが、対策をしたあとはなにもする事が無いので膝を抱えて通り過ぎるのを待つだけ。
そうそう、ずっと更新をサボっていたHPの作業を明日はやるぞ!今日はもう寝よ寝よって早寝を決め込んだ昨日。今日は今日で朝寝坊。だらだらぐずぐず。
おまけに朝から昨日借りて来たDVDで映画を見たものですから、そのまま一日中ダラダラモード。「HPの更新?うーん、停電があるかもしれないからしばらくPCを使わないように」と家族に宣言して大義名分。

まあ、それでも夕方にはやっと目が覚めて、展示会の事務作業をしたり晩御飯の用意をしたり、こうしてせめてブログだけでも書こうとなりました。

e0071811_21305459.jpg


こちらはベランダから写した向かいの自動車工場。
次男と「おっ風速30m超えたぞ!」「40mはいったんじゃない」としばらく台風見物。

やはりでも突風は怖いです。県営団地に移る前の一軒屋の時は、ほんとうに怖くて夜も寝れませんでした(夜中にバラバラになり飛び始めたゴーヤー棚の解体修理を始めたり・・・。今考えると冷や汗がでますが・・・)。

まあ、そんなこんなの休日になりました。展示会前、気が立つ割には作業が進まず、だんだんと苛苛としてくる中で、いい休養になりました(一日余裕が無くなりましたが、どうしようもないものはどうしようもありません。なのでそこはすっきり)。

いま、こちらでは台風は通過して暴風域をそろそろ抜けそうです。この後九州に上陸して日本列島を縦断する予報が出ています。梅雨の大雨で被害が出ている九州・四国にさらに台風という事で、そちらは大変心配です。

こちらも明日、工房に行くのが少し怖いですね。被害が出ていなければいいのですが・・・。こればかりはなんとも。
[PR]
by morinoki8 | 2007-07-13 21:27 | つれづれ

暑くてわじわじ

暑いです・・・・
7月、夏、蝉もいつのまにか大合唱だし、沖縄だし
暑いの当たり前ですが
「あ・つ・い!!!暑くて暑くて、もう、わじわじ するう~」
と、うちなんちゅう(沖縄の人)も言ってるので
私達移住者も言っていいでしょう!

「暑い!!暑いよ!!!」
ちなみに、「わじわじ」とは、沖縄の方言で、共通語ではイライラ?ムカムカ?
のニュアンスかな・・・ちょっと違う
やっぱり「わじわじぃ~するう~」という感じ。

そう言えば、私は森の樹新工房になってから、一回も出勤してません。
花農家の畑の土を砕いたり、実験室で、PH(ペ-ハー)6.8って測定したり、腐食がどうたら、CECがどうたら、ビーカーや試験管洗ったりする、出稼ぎバイトに勢を出す毎日です。
(自分のやってる事がよくわかってない)

でも、あっという間に7月・・・
子持ちにとっては、が~んの「夏休み」もすぐそこに!!!
夏バテせずに楽しく嬉しく乗りきりたいです。

doremi
[PR]
by morinoki8 | 2007-07-03 21:41 | つれづれ

サボってます

気がつくと2週間更新していませんでした。早い!

前の文章で予告していた通り、7/25日より気合の入った展示会を予定していますので、
その準備におおわらわ。という時に限って、注文が立て続けに。
暇で資金繰りに苦労していたひと月前に来てくれれば!

というわけでカレンダーを睨みながら鬼の形相で仕事しております。暑いし。

そんな中ですが、お店のmokumokuをもっと楽しく賑やかな店にしようとメンバー一同相談中(実際に作業にも入っています)。それで(よせばいいのに)思うところあって、メンバーの皆に喧嘩を吹っかけました。このクソ暑い中、喧嘩を売られる方はいい迷惑でしょうが、それを承知で喧嘩を売るほうもこれまた結構大変す。でもなにもこのクソ忙しい中にしなくても、と自分でも思いますが、こういうのもタイミングがあるので。(さっきからクソ、クソと下品ですいません。私の精神状態を表しているのでしょうか?)

e0071811_2183128.jpg


e0071811_2184335.jpg


こちらは仕上がった小さなチェスト。娘さんの結婚祝いという事でご両親からのご注文。
金具が高かったです(涙)。丸い足も挽き物なので、mokumokuのメンバーのアベクラフトさんに外注。ご要望に合わせて作るため、いろいろ仲間の協力を得ました。

e0071811_2117033.jpg


こっちは工房前でたわわに実る稲穂。実るほど頭を下げる稲穂かなです。ハイ。
これが先週の写真。今日稲刈りが行われました(最新式コンバインなのであっという間です)。
その写真もまたUPしますね。

オマケ
e0071811_21185211.jpg


団地に住み着いて、今まで生き残っているノラちゃん。住民からはチビとかシロとか呼ばれています。赤ちゃん時に捨てられて、一人で生き残りました。たいしたもの。
落ちた花の横で涼んでいたところをパチリ。ところが、あれあれ、腹からお尻にかけてペンキだらけ。どこへ冒険に行ったのやら・・・。
[PR]
by morinoki8 | 2007-07-02 21:22 | 棚・チェスト