handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お騒がせ長男君の小学生時代の担任だったtorutoru先生。
この先生、我が息子よりさらにお騒がせマン。

昨年、小学校を転勤となり、先生本人の地元の屋部小学校に戻ると同時に、家を新築。
(2世帯住宅なので、びっくりするほど豪邸でしたが、そのリビングのメインテーブルのご注文を頂いたのが昨年の夏)

「地元に戻ったし、家のローンもあるので大人しくしますよ。もう飛んだり跳ねたりはしませんから、地道にコツコツと」
「ずっと海外の小学校に赴任するのが夢だったけど、しばらく封印します」

な~んて言っていた舌の根も乾かぬうちに
「ボリビア行きが決まりました!!」ですと。

沖縄県の海外派遣教師に応募し、見事合格。2年間のボリビア生活です。
で、25日見送り会に参加してきました。
(だって、torutoru先生のブログに「いよいよ出発」という記事で場所と時間が書いてあるんですもん。行かないわけには・・・。)
でも見送りに大人だけ行ってもつまらない。息子をはじめ教え子が揃えば、またウルウルするはず!「みんなに声をかけて、先生を吃驚させようぜ!」と息子に連絡。

e0071811_21151953.jpg


でもでもさすがに、これからボリビアに旅立という一大事に、それくらいのことではうるうるしないtorutoru先生でした(失礼しました!)。

e0071811_21381234.jpg

こちらは同級生の親父さんとtorutoru先生、もりもり、doremikoです。
先生と私、同い歳ですが、うーん、ふたりとも成熟には程遠い顔。
「なんかやってやろう!」と目をギラギラさせているいたずらっ子みたいです。わはは。

「夢は公務員です」
「夢はお嫁さんになることです」
という耳を疑うセリフが聞こえてきた小学校や中学校の卒業式。

40歳を超えても未知の地で新しいことに取り組むtorutoru先生の生き方は、
子供達が成長した時に「ああ、そうだ。そういう選択肢だって、そういう生き方だってあるんだ」
と思い出すでしょう。
なので、torutoru先生がボリビアに旅立った、というその事実だけで、彼等の心の糧になったはずです。

僕も負けていられない。まだまだ飛んだり跳ねたりしなきゃ!
torutoru先生のブログは、。こちら
[PR]
by morinoki8 | 2007-03-27 21:29 | ゆかいな仲間

mokumoku5周年!!!

なんと早いもので、われらが“手作り家具とインテリアmokumoku”が3月1日に4歳の誕生日を迎えました。5年目に突入です!!

一番驚いているのは、メンバーかもしれません。
ほんとうに「もう5年目か」というのが正直な感想です。

最初は「家賃が払えればいいんじゃない?」「半年持てば上等だよ」というような声もちらほらと聞こえてきましたが、なんのその。ちゃんと成り立ちました。すばらしい。とはいえ、黒字経営にはいま少し。さらなる努力が必要なのはいうまでもありませんが。

さて、このmokumoku、思いついてから開店までなんと5ヶ月間、というスピード開店。出資経営メンバーが6工房集まり最終的なGOサインを出してからは、2ヶ月ほど。やっぱり物事が進む時にはスピードが必要、ということでしょうか?

e0071811_1851293.jpg


そのあたりの話を、mokumokuのトップページのエッセイで書きました。いつかmokumokuの本を出版したい、という夢も持っています。ぜひ、ご一読下さいませ。

mokumokuのHPはこちら
http://www.geocities.jp/okimokumoku/
[PR]
by morinoki8 | 2007-03-24 18:51

卒業式そして高校入試

ご無沙汰しています。
沖縄市の工芸フェアは無事終りました。
人出は多く賑わい、売上はというと、まあぼちぼちでした。
なによりも全国的な寒波は沖縄にも押し寄せ、「寒い寒い」を連発の3日間でした(なぜか土曜日だけは夏日でポカポカ)。

さて、仕事を離れ我が家の話題。
お騒がせの長男君は、この10日、無事中学校を卒業しました。
中学校の生徒の半数は、長男君の出身小学校の卒業生。
小学校一年生の時から顔を知っている子供達を久々に見ると、あれまあ、でかい図体になったり、可愛い女の子に成長していたり、ヒゲ面になっていたり、ヤンキー風になっていたり、野太い声で返事をしたりで、なんとも可笑しいやら、頼もしいやら。「おーおー立派になったもんじゃのぉ」。

そんなこんなで楽しく見ていたのですが、♪仰げば尊し♪の合唱に、少し目がうるうる。この曲が持つイメージが小さい時から植え付けられているということもあるでしょう。おまけに、この学年、校内の合唱コンテストで頑張ったという経験もあって上手なんです。ちゃんとハモる。そんなこんなで、小学校一年生の時のチビッコの姿も脳裏に蘇り、おじさんの目頭がついつい熱くなってしまったのであります。

e0071811_22461841.jpg


さて、次は高校の合格発表。
息子君と上の写真にある同級生(サッカー部のスター)を連れて合格発表の会場に行ってきました。「緊張するやー」とドキドキしている二人の会話を背に会場へ。
結果はめでたく合格です。やれやれ。
会場では、女の子達の「キャー受かったぁ!。キャーキャー!!」という歓声があちこちで巻き起こる中、「なかった・・・」というつぶやきもひとつふたつ背後から聞こえてきました。

e0071811_2250117.jpg


で、子供達を中学校まで送り届けて我が家へ。
なぜか、ものすごい脱力感。「よかったねぇ・・・」「うん、よかったねぇ・・・」とつぶやくdoremikoさんと僕。力が出ないまま、朝からワインで祝杯を挙げました。

受験するのは子どもであって親ではなし。また我が家では、受験生に気を使うとか、静かな環境をつくるとか、そういう配慮はまったくしていませんでした。なにしろ、ドラマやバラエティのTV番組、TVゲーム、ステレオ、すべて当の受験生本人が一番長時間、最大音なのですから。
逆に、受験直前まで「少しくらいは勉強しろや!今しないでおまへはいつするんじゃ!」という小言が我慢の縁からぽろぽろと零れ落ちるという始末。

前にも書いたように進路の選択が揺れに揺れ、これで落ちるとまた一から出直し。2次募集でどこかの高校には潜り込めるでしょうが、そうするとまた、通学の問題やらなにやら一騒動。
そんなこんなが一段落してほっとしました。ふう。・・・。

なにもしていないけれど親は疲れるというものなのでした。
自分の受験の時のほうがよっぽど楽でした。

これから、本人は本人で自立への足がかりをつくる3年間ですし、こちらはこちらで増大する教育費に四苦八苦ですが、今日の日は、まあ、めでたい、ということで。
[PR]
by morinoki8 | 2007-03-14 23:00 | つれづれ

お知らせ

e0071811_13521541.jpg

第5回沖縄市工芸フェア
3月8日(木)~3月11日(日)

ところ:プラザハウス
 とき:午前10時~午後8時

出展参加します。

染物、織物、ガラス、陶芸、木工など色んな工芸品勢ぞろい!!

今回「森の樹」は、同じ木工の「おもしろもん」中馬サン
陶芸「蛍窯」の山上さんと、隣同士の1階ブースになりました。

ぜひ遊びに来てください~♪


doremi
[PR]
by morinoki8 | 2007-03-04 13:59