handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

宣伝!

昨年「ナミィに唄えば」を企画した大宜味の友人が、今度は那覇で上映会を企画しています。
って、この間大宜味のコンサートの宣伝をしたばっかりなのに。
しかも同じ日。
しかも・・・・(君たち!もっとゆったりとしたスケジュールを組みなさい!(笑))。

我が家は、私がコンサートに、doremikoさんは映画に、てな感じ。

同じく大宜味の友人のjinjinさんは「同時開催のプチスィート市にそそられ」ているらしい。
沖縄各地から数店舗が、このイベント限定スイーツを出店するそうです。
「プチスィート市」のみの入場も可だそうですよ!!

"シネマdeバレンタイン"
SweetxBitter~甘いばかりじゃものたりない~

日時:2007年2月10日(土)・11日(日)
上映作品:『ショコラ』
     『Buffalo'66』
       +
     ちえみジョーンズミニライブ
同時開催:プチスイート市
~「ショコラ」「Buffalo'66」特製スイートが盛りだくさん!
場所:那覇市ぶんかテンブス館4Fテンブスホール
前売り券:桜坂劇場 テンブス那覇 リウボウ BOOKBOX各店 
TSUTAYA那覇新都心店 コープおきなわ各店 各大学生協
・那覇市ぶんかテンブス館 098-868-7810
・桜坂劇場 098-860-9555

詳しくはこちらへ
タイムスケジュールや料金など、チラシの詳細が見られます。
http://blogs.yahoo.co.jp/planetchocola
[PR]
by morinoki8 | 2007-01-30 20:36 | ゆかいな仲間

ツイテル・ツイテル!

ってのは、かの長者番付個人部門TOPで有名な斎藤ひとり氏の有名な台詞ですが、
こうやって「ツイテル、ツイテル!」と口に出すだけで、宇宙に溢れるツイテルエネルギーがどんどん集まってきて、さらにツキがあつまるとのこと。なので、とりあえずタイトルにツイテル、ツイテル。

てなことを書き出したのには、実は深いわけがあるのです。シクシク。

(その1)
正月が明けて、1月6日岡山の実家からの帰り道、mokumokuに立ち寄りご挨拶しようと、駐車場に車を止めました。1台高そうな外車が止まっているので、そのお隣に。
エンジンを切ってお土産をごそごそしている時、いきなりガリガリガリという不快な音と振動。
見るとその外車が我が軽トラ”スーパーアグリ”号の横腹を擦っているではありませんか?

新年早々、なにしてくれんねん。

思いっきり不機嫌な態度で車を降り、修理代をふんだくってやろうかと考えつつ、アグリ号の横腹をチェック。ところが、車高の違いで、荷台の下部を擦ったみたいでほとんど実害なし。
相手の高級車は前のバンパーが無残にもデコボコに傷だらけになっていました。

こちらは被害者とはいえども店の人間。相手はお客様。
うーん。こういう時はどういう態度に出るべきか?
相手の方が素直に謝ってくれれば、こちらもにっこり「イイデスヨ、イイデスヨ」とできるのですが、相手も苦虫を噛み潰したような顔でダンマリ。ふう。
仕方なく不機嫌な顔のまま「まあ、いいですよ」という僕。

(その2)
ちょっと買い物やら、配達やらでまとめて中部の都市部まで出かけてきたのはその翌週。
年末からボサボサの髪もさっぱりしようと、安い散髪屋さんをみつけたのでチョキチョキしてきました。思いっきり短くしてさっぱり。さて、もう一回りしてから帰るか、と車のドアにキーを差し込んだ瞬間、ポキッ!

ん?

うっそぉおおおお!

ドアの中で鍵が折れてしまいました。
さあ困った!

最初に頭に浮んだのは、散髪屋さんに戻りタウンページを開いて鍵レスキューに電話して、という手順。でもでも、うーん恥ずかしいなあ、それに高いだろうなぁ、近くに鍵レスキューあったっけ?ウンヌンカンヌンが頭に浮び、行動がおかしな方向に。

まず、自宅に電話し、鍵レスキューを調べてもらう。けれども自宅にはタウンページがない。
ひょっとしたら瞬間接着材でなんとかなるんではないか、OH GOOD IDEA!
というわけで、とことこ近くの本屋まで歩き瞬間接着剤を買ってくる。しかし小さな接着面、そんなものでつくはずがない。

ということで、結局散髪屋さんに戻りタウンページを貸していただきました。
なんと近くに鍵屋さんがたくさん。プロの7つ道具をもったお兄さんが駆けつけてその場で破片を回収。2つに折れた鍵を元にして新しい鍵もその場で作ってくれました。流石!

e0071811_21391326.jpg


でもお金はかかりました(涙)。思っていたよりは安かったですけれどね(^。^)

(その3)
滑る滑る!
(前の記事を参照:長いよ!)

(その4)
今日の工房でのこと。トイレに入り、床に落ちていたゴミを拾おうとかがんだ途端
トッポン!

ん?あわわわわ。何故か胸ポケットに入れていた携帯電話が便器の中に。
慌てて救出し、電源をきりましたが、やはりダメなようです。

あきらめて携帯屋さんへ。
いまの携帯は3年使っていて、ポイントやらなにやらで、切り替え手数料の2500円程度で新品への機種変更ができるそうです。ただ、今日は時間切れで手続きできなかったので、現携帯のデーターが生きているかどうかは、明日になってみないとわからない。うーん。

e0071811_21534721.jpg


こちらはとりあえずバッテリーを外して乾燥中の現携帯。

うーん、新年早々これはどうしたことでしょう?
初詣のおみくじは、なんと3回連続で凶が出ました(え?3回も引いたの?)
おみくじには、凶を招かない心構えとして
「謙虚であること」
「素直であること」
「人を批判する前に、まず自分のことをきちんとこなせ」
というようなことが書いてあったように思います。

はい。心します。肝に銘じておきます。

さてさて、本殿から奥の院へ移動し、新年のお参りを改めて行い、
おみくじも4回目は晴れて大吉!!(って4回目も引いたの?)
「求めずして 宝を得たるが如し」ですって。

はい。無欲に謙虚に務めます。

まあ、その1からその4まで、ついていないのかついているのか、さっぱりよくわからん出来事が続きました。
ツイテルと思えば、すべて大事に至らなくてツイテルのでしょう。
なので、そういうことにして、でも無欲に謙虚に日々誠実に過ごしていきたいと思います、マル。
[PR]
by morinoki8 | 2007-01-24 22:05 | つれづれ

滑る滑る

以前にもなんどか書いたと思いますが、沖縄の道路は滑ります。
これは県外からやってきた人間の共通の認識です。

特に雨が降ると僕の軽トラックなどはスケート状態。
アクセルを強く踏み込む事も、急ブレーキも厳禁。
沖縄の幹線道路は海際を走っているので風も強く、坂道やカーブでもちょっとスピードを出すとふらつく。

なのでもうひたすら安全運転。
少しでもあおる車やスピードのある車が後につくと、すかさず路肩に避けて減速し先を譲ります。張り合う気持ちはサラサラなし。スーパーアグリ状態。琢磨の気持ちわかるぜ!

で、この滑る理由。
夏の太陽熱のせいで、路面がツルツルになっているせいだと思っていましたが、
(そのせいもあるのかもしれませんが)違いました。

とうとう新聞でも、この滑るのはどうにかならないかと話題になり、その理由が書いてありました。
新聞によりますと、
「アスファルトに入れる砂利の代わりに琉球石灰石を使用しているため」とのこと。

そんなあほな!

と思いましたが、そうらしいです。
石灰石なんで実検すればわかりますが、水につけて石同士を擦りあわせば、手の力でも表面が溶けていきます。磨いた後は当然つるつる。

そりゃ滑るわわいな。

再び新聞によると、
「しかし、法律では石灰石の使用はOK。ただし沖縄でも高速道路等の高規格道路では
石灰石は使用せず、滑らない工法をとっている」とのこと。
全体として、社会の公器としては、少々というかかなり手ぬるい表現でした。

最近は、急なカーブや坂道、交差点の手前等に、この滑らない舗装が普及してきて
だいぶ運転が楽になってきました。とはいえ、まだまだ滑る舗装がほとんど。

新聞ならば、沖縄のスリップ事故が全国平均に比べてどれくらいなのか。
高規格舗装が進むに連れ、事故率がどう変わってきたのか。
せめてそこまで調べて記事にして欲しい。
実感としては、スリップ事故率はかなり高いはず。

今日も子供の空手の試験で雨の中、那覇まで行ってきました。
大雨の日の那覇までの往復では、だいたい2件くらいの事故を目撃するので
「やだなぁ。雨は行きたくないなぁ。今日も2件くらい事故現場見るはずよ」なんて言ってたのは朝。そして試験が終ってラーメン食べて、雨の恩納村を運転中、

ぅぉおおおおっ!

と声を上げたのは他でもありません。

50-80mくらい先の対向車線をこちら側に向かってくる乗用車が、突然横向きになったかた思うと、クルクル、スピンを始めたのです。
おわわわ。と、ブレーキを踏み減速する間に、完全にコントロールを失ったかの乗用車は後部から激しく電柱にぶつかり、後部ボンネットを大破して止まりました。

低速で横を通り抜けながら、「どうしよう」と一瞬迷いましたが、やっぱり救急車を呼ぶべきだろうと止まりました。後を見ると後続の5.6台の車も、そのまま路肩に縦列駐車。
先頭の車であり、最初に車を降りて事故車に向かうことになった僕が119番。
(見るといっしょに止まった車のオジサンも携帯で電話している様子。まあ、ダブってもいいだろうと僕も通報しました。ところがそのおじさん、後から「慌てたので110番しちゃった。119に掛けてくださいって言われたよ」ですと)。

で、実況が長くなりますが、事故車の運転手は降りてこない。
近づいて車を覗いてみるとどうやら無事の様子。でも脳震盪を起しているのか、意識は朦朧とした感じ。受け答えは出来ない。

ドアは、全て開かない。車からはガソリンが漏れ、煙も出ているので、ちょっと慌てました。
そうこうするうちに、止まった車からみんな出てきて、棒を探してきてドアをこじ開けようと臨時レスキュー。何故かバールを持っている人がいて(なんでそんなもの車に積んでるの?)、そのバールで無事ドアは開く。で、運転手を車から出すか出さないかで、ちょっと一悶着。救急車を待つべきか、とりあえず外に出すべきか。幸い、煙は収まったのでちょっと待ちましょう、との意見が優勢な内に救急車到着。次に何故かNHK到着(なんで?何処にいたの?)、遅れてパトカー到着。

救急車到着のあたりまで周りを取りかこんでいた人たちも、パトカーが到着するとわらわらと散っていってしまいました。「いや僕は事故後に通りかかったですから」なんて言いながら。
「救急と警察がそろったので、これで一安心」なのか「警察にいろいろ聞かれて時間を取られるのは面倒だ」なのかはわかりません。でも、みなさん、お互いに軽いパニック状態の中で、人命救助という一点でとってもよく動いていました。たいしたもの。
僕は目撃者だし通報者なので仕方なく手ヲ挙ゲテ、簡単な事情聴取を受けました。

いやーそれにしても事故現場を見るどころではなく、瞬間を目撃するとは思いませんでした。
あとちょっとタイミングがずれていたならば・・・。考えるだけで冷や汗がでます。
でも、事故車は新しいBMWの乗用車。ABSやトラクションコントロールなどは勿論標準装備の
安全な車でしょう。それにしては全く不可解なスピンでした。
BMWであのスピンならば、軽トラ運転はまさに命がけ。いくら道が滑りやすいといっても、なにか他にも原因があったのでしょう。
まだいろいろ書きたいことはあるのですが、現場からは、とりあえずこの辺で。

ちょっと心臓バクバクのままの帰路、予言どおり(って縁起でもない)、もう一度事故現場を通過しました。こちらは、信号停止時のスリップみたいで、物損のみの軽い追突事故。
でも、その現場、僕も5年程前一度オカマを掘った場所。ゆっくりの減速中、突然タイヤがロック。「止まって、お願いだから止まってぇ」との願い空しく、ゆっくりとスローモーションでコツンとオカマを掘ってしまいました。スローモーションだってコントロールが効かなければどうしようもないのは同じ。短い時間の間にできたことは心の準備だけでした。

というわけで、最初の問題に戻ります。
自宅の近くの大きな交差点もカーブの坂道を下った終点にあるため、以前は良く事故がありました。それが高規格舗装に代わってからは、ほとんど見た事がありません。

道路行政には、予算の都合ももちろんあるでしょうが、たったそれだけでスリップ事故が減らせるのであれば、事故による社会的損失を考えてももっと積極的に取り組んでいただきたいものです。
また、県内マスコミももっと話題にしてもいいのではないかと思います。
さらにドライバーはくれぐれも雨の日はスピードを落とし安全運転を。愚かにも、雨の中で追い越しを繰り返す蛇行運転をする危険なドライバーもまだまだ見かけるのは、なんとも情けないですが。

というわけで大変に疲れた一日でしたが、事故目撃の興奮さめやらず、やたら長文になってしまいました。
[PR]
by morinoki8 | 2007-01-21 21:14 | つれづれ

川原一紗 IN 大宜味

まいど。

来る2月10日 ここヤンバルは大宜味村で、
川原一紗さんのピアノ引き語りコンサートが開催されます。

てなことをここで書くのも他でもない。
このコンサート、大宜味の友人山本大五郎(以下ダイゴ)のプロデュース。

以前から、川原さんのCDを持って来ては、
「大宜味でやりたいんだよね。沖縄に呼びたいんだよね」とおっしゃるダイゴ君。
(CDは僕も買いましたよ!)

とうとう念願かない、というわけ。


e0071811_21321038.jpg


川原さん本人は、僕は存じ上げてはいませんが、
CDでは、澄んだ声がピアノととともにメロディと言葉を紡ぐ。
懐かしいような、ちょっと寂しいような、そんな音楽。
アジアの匂いがする、というといいのかな?

さきほどダイゴクンから来たメールによると、

「なおスペシャルなゲストが追加になりました、ぜひ追加でお願いします。
スペシャルゲスト 知花竜海(ちばな たつみ;DUTY FREE SHOPP Vocal) 
今年から、 琉球新報の『落ち穂』連載開始。2月の辺野古のライブ仕切ってます。http://www.peace-music.org/」。

とのこと。
おまけに大宜味紙芝居も同時開催ですと!盛り沢山!
大宜味紙芝居とは何ぞや!
という疑問はおいておくとして(いや話を聞くと面白そうですぞ!)、とにかく盛り沢山!
これは皆でいそいそと出かけましょう。
詳細は以下に!

会場:大宜味村改善センター
開場:pm6:30 開演pm7:00
料金:大人(前売)1000円 (当日)1300円
    学生(中高生)500円
    子供(小学生以下)無料
連絡先:090-7475-7566(山本)
プレイガイド:BOOK BOX名護店:0980-53-0033

[PR]
by morinoki8 | 2007-01-16 21:36 | ゆかいな仲間
随分遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

12/30より1/5日まで岡山の実家に帰省して6日に沖縄に帰ってまいりました。
帰省と言っても、その間ずっと実家の商売のお手伝いをしていますのでお休みではありません。

帰り道にmokumokuに寄ったところ、「明日、佐藤さんの当番ですよ!」とのこと。
あれまあ。
というわけで、7日はmokumokuの初当番(たくさん売れました!)。
8日から仕事始めのつもりでしたが、やはりへろへろ。
お昼まで寝倒しました。お昼に子供達とマクドに行って、帰りにウイルスセキュリティのソフトを
買って、伸び伸びになっていたPCの更新作業。

これがまた大変。ウイルスセキュリティの更新の前にウィンドウズの更新がままならず。
あれこれ苦労して2時間半。なんとか無事UP DATE出来ました。めでたし。

というわけで、仕事始めは9日に。
大家さんに家賃を払いに行ってご挨拶をして、さあ仕事。
っていっても、10日も現場を離れると、何をしていいのやら・・・。
年末のやりかけの仕事に手を出したり、荷物の片づけをしたり、ウロウロウロウロ。
そうそうウートートー(お祈り、御願)を忘れてた!

e0071811_20294949.jpg


というわけで、新しいお神酒を用意して塩を盛って、機械を1台づつ回って「ケガをしませんように、ケガをしませんように、ケガをしませんように、うーとーとー、うーとーとー」

で、次は、仕事の気合を入れるための研ぎ研ぎの儀

e0071811_2030251.jpg


まずは追い入れ鑿一式。ハイ。キレイに研げました。
「俺に近づくな、触ると切れるぜ!」てな感じ。キラリンッ!

e0071811_20343755.jpg


お次は鉋刃と小刀。
鉋の裏刃も研ぎ直して、ピッタリと合いました。これで逆目も大丈夫?!

というわけで、気分一新。残った時間で遣り残しの座卓の脚の加工も済ませました。

さてさて、お次は新年の抱負ですが、長くなったので簡単に。

今年はお勉強します!

っておまへはいい年こいてナニヲ言っとんじゃ!てな声が聞こえてきそうですな。

いやいや別に、中3の息子君が受験生にも関わらずちっとも勉強しないので、代わりにお父さんが勉強するとか、仕事が暇で暇で仕方がないのでしょうがないから勉強でもするか、とかいうわけではありません。

単にわが身の無知無教養に対して、ここらで一発自分に無知打って、いやいや鞭打って悪あがきをしてみようではないか、と、かように考えたわけであります。

いや、実は本人にとっては結構深刻な話(仕事の上で)なのですが、ここは新年最初の記事。
とりあえずバカっぽく改めて明るく宣言します。

今年はお勉強いたします!!

というわけで、本年もどうぞよろしく。 

もりもり
[PR]
by morinoki8 | 2007-01-10 20:45

おめでとうございます!

あけましておめどとうございます!
2007年、平成19年
今年もhandicraft森の樹 よろしくお願いします!
e0071811_194161.jpg

e0071811_1944939.jpg


元旦の海初詣。
[PR]
by morinoki8 | 2007-01-02 19:07