handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:つれづれ( 117 )

やっとのことで、工房のHPをリニューアルしました。
古いHPが壊れて放置したまま、数年が経ってしまいました。
細かいところはこれからいくつも修正しますが、とりあえず再スタートです。

この新しいHPを作成するに当たり、友人で、超多忙なWEBデザイナーのD.T氏に多くのアドバイスと技術サポートをいただきました。多謝!

一度ご覧になってくださいませませ。

handicraft森の樹・HP

[PR]
by morinoki8 | 2011-12-23 20:48 | つれづれ

Face Book始めました!

コミュニティサイトは、mixiも登録してはいるのですが開店休業状態。だいたいブログの更新もままならないのに、日常の業務連絡メールの返事を書くだけでいっぱいいっぱいだというのに、これ以上パソコン時間を作ってどうする、てな感じ。

ところが、どうも「Face Book面白いぜ!」という声がちらほら・・・。半年ほど前から、「うーん、だいたいブログの更新も・・・・(以下同文)」で創造的先延ばしをしていたのですが、先々月New Deskのご注文をいただいた沖縄国際大学の美人教授宅にて、注文の打ち合わせが終わった後、FBのデモンストレーションをしていただいた。「ふむふむ、うん面白そうだな」

「やっぱりこれはやるべきか、でも今忙しいから、落ち着いたらやろうかな。だいたいブログの更新も・・・(以下同文)」というときに、やはり先々月に30年ぶりの同窓会で会った、美人同級生からメール。「佐藤君、FBやらないの?」

はいはい、わかりました。では!

というわけで、先週の土曜日に登録しました。

するとあれよあれよ、という間に、次々と昔の同級生、仕事仲間、あれやこれや、なんだかんだと次々とつながり、忙しい忙しい。まだ使い方も分かっていないのに(自分のウエブ情報がどうしても登録できない・・・)、数十年ぶりのメッセージが宙を飛び交い、ああ目が回る目が回る。

というわけで、新作、注文制作、いろいろ書きたい記事があるのですが、しばらくグルグルしています。落ち着き次第記事を書きますので、しばらくお待ちくださいませ。
[PR]
by morinoki8 | 2011-10-04 22:12 | つれづれ

満開

今年の冬は寒く、3月になっても、4月になっても肌寒い日が続きました。ところが昨日、いきなり入梅宣言!春を抜かして、いきなり冬から梅雨に入った感じです。
畑の野菜の生育もいまひとつ・・・。

とはいえ、そこは沖縄のこと。寒いといっても、雪の中避難生活を送られていた東北の方々のことを思えばなんのことはなし。寒いだの梅雨だの、ただの贅沢です。

そして、自然の植物は、やはり春たけなわ(というかもう初夏になってしまったのです・・・)。野の花も可憐な小さな花を一面に咲かせていますし、ブーゲンビリアにいたっては、もうこのとおり!

e0071811_18464244.jpg


団地の休憩所のブーゲンビリア。これはもうお花見しかないでしょうかね?

e0071811_18465228.jpg


溢れんばかりの生命力。ブーゲンビリアの樹の下には、はたしてなにが埋まっているのでしょう?
[PR]
by morinoki8 | 2011-05-01 18:49 | つれづれ

出来ることから…

東北関東大震災の犠牲者の方々のご冥福をお祈りし、また、被災者の方々、そのご家族にお見舞い申し上げます。少しでも早く、皆様の平穏が取り戻せることを心よりお祈りしております。

今日で、地震発生から1週間経ちました。行方不明者の捜索、避難所への物資の輸送、燃料不足等々まだまだ混乱の極みの中にあり、原発も予断を許さない状況が続いています。

いまだにこれは夢ではないか、どうにかして悪夢から醒めたい、という気持ちの中、仕事もうまく手につかず、かといってなにか自分が被災地の役に立つことは、現時点では特になく、無力感の中呆然と日々を送ってしまっています。

僕自身、阪神大震災の時は被災者となり、その時に感じたこと考えたことが、組織の一員ではなく、個人として生きようと仕事を辞めて沖縄に移住してきたきっかけとなりました。

さて、かつての被災者の一人として、地震発生直後には、プロと行政にまずは救援を委ね、それについて足を引っ張らないことが何より大事なことだと思っています。内田樹氏が、13日に早くもそのことを実に整然とした文章で表明しています。
少し紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このような場合に“安全なところにいるもの”の基本的なふるまいかたについて自戒をこめて確認しておきたい。

(1)寛容
(略)
こういう状況のときに“否定的なことば”を発することは抑制すべきだと思う。いまはオールジャパンで被災者の救援と、被災地の復興にあたるべきときであり、他責的なことばづかいで行政や当局者の責任を問い詰めたり、無能力をなじったりすることは控えるべきだ。
彼らは今もこれからもその公的立場上、救援活動と復興活動の主体とならなければならない。不眠不休の激務にあたっている人々は物心両面での支援を必要としている。モラルサポートを惜しむべきときではない。“安全なところにいる人間”と“現地で苦しんでいる人間”を差別化して、“苦しんでいる人間”を代表するような言葉づかいで“安全なところにいる人間”をなじる人間がいる。
そういうしかたで自分自身の個人的な不満や攻撃性をリリースすることは、被災者の苦しみを自己利益のために利用していることに他ならない。自制して欲しい。

(2)臨機応変
(略)

(3)専門家への委託
オールジャパンでの支援というのは、ここに“政治イデオロギー”も“市場原理”も関与すべきではない、ということである。国民国家という共同体が維持されるために必要な根源的な資源のことを“社会的共通資本”と呼ぶということは、これまでもここで繰り返し書いてきた。

(略)

災害への対応は何よりも専門家に委託すべきことがらであり、いかなる“政治的正しさ”とも取引上の利得ともかかわりを持つべきではない。私たちは私たちが委託した専門家の指示に従って、整然とふるまうべきだろう。
(後略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全部を転載するのは、あまりに他力本願が過ぎると思い、中途半端に省略してしまいました。僕にはここまで理路整然とした文章を書けないので、どうかお許しいただき、ぜひ、全文を内田氏のブログでお読みいただきたいと思う。
(内田樹の研究室より「未曾有の災害の時に」

管総理をはじめとして官邸に対する批判を行えるのは、被災地の現場の人間のみであると思うが、しかし安全な場所にいる人間の批判のための批判が横行している。
それが、自民党の政治家、マスコミ(読売新聞の記事は読むに耐えない)、経団連会長という大きな社会的影響力を持つ人間がそのような言動を、この状況の中で繰り返しているのをみると、社会が音を立てて崩壊していくのを感じてしまう。

一方で、ラジオや新聞では、全国各地、そして世界中からの励ましの声や支援の輪が広がっています。これから僕自身、とりあえずは義援金を送るくらいのことしかできないかもしれませんが、今から小さくともなにか行動を起こそうと思っています。
[PR]
by morinoki8 | 2011-03-18 20:42 | つれづれ
って、もう15日やがな!すいません。
実をいいますと、新年早々、いきなりPCが壊れちゃったんです。シクシク。
年末に、バカな操作をしてデーターをぶっ壊した(なんとか半分くらいは、リカバリーシステムで戻りましたが)ばかりだというのに。今度は機械のハードそのものがいかれてしまいました。まるで僕のおつむみたです。シクシク。
保証期間を長く契約していたので、ただで直るみたいですが、10日ほどPC無しです。今は、お木楽屋の隣のcafe chapterさんの貸し出しIPADで書いています。

パソコンがないのがこんなに不便だとは。。。。シクシク。
ウッディビエンナーレのイベントもスタートしているのに。
まあ、古い10年前のパソコンがあるので、業務連絡だけはなんとかなっていますが。

新年早々、情けない記事になってしまいました。
でもでも、元気です。今年も頑張ります。ふぁいとぉ!
本年もよろしくお願いします。
[PR]
by morinoki8 | 2011-01-16 18:36 | つれづれ

台風一過

ご無沙汰しています。
書くこと、書くべきことが山積みしているのですが、どうにも手が回りません。
といつもの言い訳でスタートしますが、今回は台風のお話その他近況報告。

久々の直撃でした。怖い!
どうにも名護の上空を通り過ぎたようで、凄まじかったです。オキナワに住んで14年あまり。TOP3に入る強風でした。

とはいえ、直前まで青空、風もそよそよ。ん?ほんとに台風来るの?ガセネタじゃない?とは思いつつもTVでも気象庁のHPでも、すでに強風域に入っている。あと数時間で真上に来る予報。うーん。それにしても・・・と思っていたら突然やってきました。

ほんといきなり全開!F1以上!ゼロヨン加速!

e0071811_22165046.jpg


写真のこの樹は根元近くから真っ二つになりました。奥様が団地の役員なので、朝から一緒にチェンソーで細切れにしてえっちらおっちら後片付け。大変でした。
で一段落してヘロヘロになって工房に行くと・・・

e0071811_22191147.jpg


工房の中も外もグチャグチャでした。はあ。
なんとか片付けたのはいいのですが、電気がショートしてブレイカーが上がらない。困りました。
おまけに農道に倒れている樹を避けながら車を走らせると、踏んづけて折れた枝が車のヘッドライトに突き刺さっている。いったいどうやって(写真に撮るのを忘れました)?

とはいえ、まあ、この程度で済んでよかったです。


で、話は変わりますが、最近あまりの美しさにパチリパチリしているのは・・・

e0071811_22244667.jpg


携帯写真でも充分美しいですが、実際には「仏国土もかくありなん」みたいな夢のような多彩な色彩でした。信じられない美しさです。

e0071811_22261685.jpg


こちらは定番の、黄金に輝く西の空。

e0071811_2226565.jpg


夕焼けの後、黄昏れていくほんの数分。世界から色彩がフェイドアウトしていく時間の風景が最近は好きです(実際はモノクロームの風景なのですが、携帯が自動で露出をUPするので写真はちょっと明るいです。加工しよっと)。
というわけで、ちょっとやりたいことがあるので、こんな風に空の風景を撮っています。

台風一過、まあ、無事に過ごしているという次第。
[PR]
by morinoki8 | 2010-09-01 22:28 | つれづれ

卒業そして進学?

って子供の話ではありません。

私自身の話です、はい。

仲間の木工房と共同経営していたショップ「沖縄工房家具&木工クラフト mokumoku」を7月末で離れました。

2003年3月にオープンしたmokumoku。現在7年と4ヶ月。準備期間を入れると8年弱。
メンバーの増減というか入れ替わりはなんどかありましたが、ここまで来ました。

オープン当初、「半年でつぶれるんじゃない?」とか「1年持てば上出来じゃない?」という外野の声を尻目に8年目です。

ただ、だからといって順風満帆だったわけではありません。メンバー間の意識の相違・格差、仕事のやり方への不満、トラブルの数々、共同経営ならではの問題は当然たくさんありました。そして08年のリーマンショック以来の大不況は当然のように売上げに影響を及ぼしました。

とはいえmokumokuには7年間積み上げてきた知名度とお客様という財産もあるわけです。

mokumokuを離れるという選択肢は、3年位前から僕の中では存在していましたが、判断するまでには至りませんでした。

でも、今回このような判断をしたのは、もう一度身軽になって、新しい動きを作りたいと考えたからです。
ひとつには小黒三郎氏を中心としたイベントもありますが、”handicraft森の樹”の定常ベースでも、自身が自由に動ける場を作りたいと考えています。

それがどのような形になるかは、現在準備を進めていますので、またお知らせできると思います。心機一転、新しい仲間と共に、また協力者&支援してくださる皆様の力もお貸ししていただきながら、前を向いてクリエイティブな活動を展開できれば、と思っています。

とはいえ、現実は決して甘くはありませんので、そこはそれ、地に足をつけながら着実に。ずっこけないように。用心用心。

まあ、お楽しみに!

ふくろう時計の修理・調整、その他、handicraft森の樹へのご注文は、直接お願いいたします。
[PR]
by morinoki8 | 2010-08-09 22:15 | つれづれ
いやー日本代表、16強おめでとうございます!
まさか、の予選突破。しかし、素晴らしい試合内容でした。

って、ずっとサッカーの話になりそうですが、実はTVを買いました、という話。

我が家では2年前くらいにTVが壊れ、その後延々と続く子供たちの「TV買え」攻撃に対して「TVの中には何も入っていない。碌な番組はない。馬鹿を拡大再生産させるだけじゃ」と買い替えを断固拒否していたもりもりなのでした。

もともとTVはそんなに見ない。僕が見るのはサッカーとボクシングとF1くらい。後は選挙速報くらいのもの。F1が見れなくなったのは残念でしたが、琢磨もスーパーアグリもHONDAもいないF1なので、まあ、いいか、と。といってもしばらくは携帯のワンセグでいじらしくみていたこともありました。

今回のワールドカップ。日本代表のアジア最終予選を見た限りでは、なにがやりたいのかさっぱりわからない、つまらないサッカー。とても期待はできない。もちろん、オランダ、スペイン、ポルトガル、ブラジル、そしてアルゼンチン、なんといってもメッシは見たかったのですが、まあ、我慢しようと。なければないで別にいいや、と。

しかし、その日本代表、緒戦のカメルーン戦に勝ったとのこと。そこで次のオランダ戦は、近所の友人宅に島酒を抱えてTV観戦に。いや、驚きました。負けはしたもののオランダに対してちゃんとサッカーの試合になっているではありませんか?どうしたの?これがあの日本代表?

てなわけで、1度試合を見てしまうと、デンマーク戦もどうしても見たい。やっぱりメッシやC・ロナウドもみたい、見たい、観たい、と。

とうとう買ってしまいました。TV。うーん。

e0071811_2049236.jpg


なぜか、画面は大蝙蝠ですが。
32型の日本メーカ品。ほとんどPCのような機能がついて、60000円。エコポイントを差し引けば45000ほど。安くなっていたんですね。

というわけで、今日はこの後、イングランドVSドイツ戦、その後F1中継と深夜までTV付けです。わはは。明日起きられるかなぁ。

e0071811_20515422.jpg


今日のお昼は、奥様と二人で(子供はもうついてこないのです)、初泳ぎ。シュノーケリングをした後はビールを飲んで、波打ち際でぷかりぷかり。とっても癒されました。
夏です。
[PR]
by morinoki8 | 2010-06-27 20:53 | つれづれ

ご無沙汰です

ずいぶんと間が空いてしまいました。

ネタは沢山あるのですが、どうにもこうにもブログに手がまわらない今日この頃。

まあ、つまんない人間に付け入る隙を与えちゃったせいで(お人好し過ぎました。反省)、いろいろつまんないことが沢山。工房で作業しながらも、「バカヤロー、根性腐っとんのかぁ!!脳みそにウジ涌いとんのかぁ!!ボケぇ~~~!!!!(まあ、お下品)」と、ついつい一人でキレて大声を出してしまう僕(工房は畑の真ん中にあるので大声を出しても不審がられませんのです)。ふう。人生短し。少年老い易く学成り難し。なので、つまんない人間とは付き合わないようにしなくっちゃ!やれやれ、です。

さてさて、仙台は惨敗でした。ひどい。食品も売れなかったみたいですから、木工はむべなるかな、ですが、それでも今回は気合を入れて1ヶ月以上準備にあてただけにつらい。

e0071811_17244946.jpg


それでも夜は、毎晩「文化横町」へ。レトロな雰囲気でしょ。小林旭が歩いていそう。お目当ては、真ん中の赤い看板のsmoke。僕の携帯では、露出の調整が上手く出来なくて看板の字が読めません。ごめんなさい。
ママさんのご紹介で、お友達が沢山会場に来てくださいました。ありがとうございました。

さて、沖縄に戻ると、普天間基地の移設問題は、元の木阿弥。辺野古での日米共同声明が出されました。許せません。直後に開かれた名護市役所での緊急抗議集会に行って参りました。

e0071811_17352656.jpg


雨の振る中、1200人が集まり、講義の声を上げました。
稲嶺市長は、演説が上手いわけではないのですが、誠実に言葉を選んでいる姿がいい。市民の一人として市長を支えたいと思います。

辺野古での合意ついては、元知事の大田さんのこの記事が簡潔にして明快。

e0071811_18262350.jpg


首相は菅さんに代わったけど、共同声明を踏まえるとの事。
先は長いなぁ~。
[PR]
by morinoki8 | 2010-06-16 17:52 | つれづれ

土の力

ってご大層なタイトルをつけてしまいました。

昨年、夏野菜を収穫して以後半年以上放置したままの、もりもり農園にやっと手をつけました。なので冬野菜も菜っ葉類もこの間なにもなし(自生し野生化したミニトマトと草に埋もれていた葱はたまに収穫)。畑は草茫々。放置すればするほど荒廃も進むのでますます手をつける元気がなし。

しかし、いつまでも放置しておくわけにも行かず、4月になって注文が途切れ途切れになったのを機に一気に夏野菜バージョンへジャンプ!

まずは、Before。

e0071811_21521083.jpg


このままだと長い奴が出てきそうです。
で、after。

e0071811_21521857.jpg


ゴーヤー、トマト、ミニトマト、長ナス、丸ナス、ピーマン、シシトウ、きゅうり、かぼちゃの苗を植え、夏大根、サニーレタスの種も撒きました。みなすくすくと成長中です、収穫が楽しみ楽しみ。

しかし、草抜きと、この程度の畑を耕すだけでヘロヘロ。木工屋も肉体労働ではあるのですが、次元が違う。農家の皆様を尊敬いたしますです。久々にTシャツが汗でずぶ濡れとなりました。

しかし、身体はしんどいけれど、やっぱり畑は実に楽しいのでした。時間の経つのを忘れるくらい。実は3月の中頃から気分が鬱々としていて、原因は分かっているし、その結論も頭では分かってはいたのですが、いつも気がつけば同じところをぐるぐるぐるぐる堂々巡り。心が囚われておりました。それがこうやって畑仕事(というほどでもない)をやると、あらあら不思議、気分はすっかり晴れ渡っていたのでした。悩んでいたことも、晴れた気分で見直すと、まあ、小さなことに囚われていた自分が阿呆らしい、みたいに。

土の効用ってすごいのかもしれませんね。と、この話を木工仲間のゆいむんさんにしたところ、「ぜったい違う脳波が出ているはずですよ。ほんと愉しいですもん」とのこと。そのあたり「ためしてガッテン」でもやってくれないかなぁ・・・。

e0071811_21522686.jpg


e0071811_22641100.jpg


こちらはおまけ。昨年のちょうどこの時期に苗で買ったオクラレルカ。畑に植えてそのまま花を楽しみましたが、また今年こうして花を咲かせてくれました。嬉しいですね。
[PR]
by morinoki8 | 2010-04-17 22:02 | つれづれ