handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:棚・チェスト( 8 )

お木楽屋のオールドグリーンの杉の棚をご覧になった、那覇市壺屋でやちむんとクラフトのお店「craft house Sprout(スプラウト)」のオーナーのGさんからお電話。

「お木楽屋で見たあの緑の棚が気になってしょうがない。お店のサイズに合わせて作ってください」とのこと。

Gさんは、以前のmokumoku時代からのお知り合い。mokumokuのメンバーの木の時計や箸などの小物もたくさん扱ってくださっています。

お店に伺い寸法の確認をした後、制作、納品いたしました。

ところが、採寸時に、収まる場所の棚板の出っ張りに気がつかず、ほんの1,2mmがどうしても入りません。色もご希望と少し違ったので、持ち帰りということに・・・。

工房で側板を外し、全体もペーパーをかけなおして再塗装。



今度は無事に収まりました(って、お店の棚板を少しだけ削らせてもらいました(汗)。



陶器の香炉を置いていただき、このとおり。

今回は壁置きですが、両面正面ですので、お部屋の真ん中でパーテーションとしても使えます。
Sproutでもご覧ください。
[PR]
by morinoki8 | 2011-06-05 17:09 | 棚・チェスト
以前HPを通じて、ふくろうの掛け時計をご注文いただいた愛知県のSさんより「娘のお祝いにチェストをプレゼントしたいのだけどもオーダーメイドで作れますか?」とのお電話をいただきました。
もちろん、お作りします。

というわけで、ファックスと電話でなんどか打ち合わせをして、GOサイン。
本体はクスノキ、引き出し前板はセンダンを使用することになりました。
板から寸法に合わせておおまかに木取りをして、2週間ほどのシーズニング(板のひねりを予防するための養生期間)

e0071811_19535913.jpg


そうしてシーズニングが終わった材を本加工します。チェスト本体の加工が終わったところ。

e0071811_19542097.jpg


仮組みをして、いろいろチェック。

e0071811_19543468.jpg


こちらは、引き出しの部材の加工が終わったところ。
全部あわせると大変な数の部材です。
なので、重い・・・。この重さが・・・。

e0071811_19545066.jpg


無事組みあがり、第1次塗装。引き出し前板は、S様のリクエストで下から上にグラデーションで濃くなっています。
この後、仕上げ磨きをして、仕上げ塗装。

e0071811_19551269.jpg


あまりに重いので、運送屋さんの配達に時間がかかりましたが(船便になりました)、無事到着。可愛い娘さんとハイチーズ。早速写真を送っていただきました。
S様からは、もうひとつ、くすのき一枚板のTVボード兼センターテーブルのご注文をいただいており、そちらは現在制作中です。納品後また。
[PR]
by morinoki8 | 2011-05-07 19:55 | 棚・チェスト

棚がイロイロ その1

お木楽屋のディスプレイも兼ねて、大小形も色も様々な棚がそろいました。
昨日からCafe Chapterさんで開催中の「工房ことりの カフェとうつわ」展にて出張中ですので、そちらの写真から。

e0071811_17445371.jpg


まずは、壁掛けシェルフ。素材はクスノキですが白と濃い茶色のツートンカラー。陶器にとっても合います。¥4500


e0071811_17451534.jpg


こちらは、Chapterさんとことりのさんのイメージで、展示会にあわせて作った壁掛けの飾り棚。2年ほどの間、雨風に晒された杉材を鉋をかけずにそのまま使っています。なので、ひねりもあればゆがみも。
12マスありますので、歪んだ板では作るのが大変。鉋をかけて直角を出して作れば安く出来るのですが・・・。まあ、味を出すためにそのままで。その手間を含めて6000円(安い?)


e0071811_17453444.jpg


在庫の飾り棚二つ。こちらはクスノキ。
分解して工房で眠ること半年余り。こちらは丁寧に棚板の歪みも直し、改めて仕上げをしたので新品同様に美しくなりました。やちむんに合うこと合うこと。48000円


e0071811_1746137.jpg


同じく琉球松。歪みを直す過程で棚板がスマートになり、いい感じに。48000円

以上、handicraft森の樹制作の棚4種でした。
[PR]
by morinoki8 | 2011-04-22 17:46 | 棚・チェスト

本棚落下!

たまりネタその2.
お次は仕事の話。

5年前に、カルテ棚と先生のデスクを注文していただいた心療内科のHクリニックさんから再び同じ注文をいただきました。
聞くと、移転するためもうワンセット増やしたい、とのことでした。
制作そのものは順調にすすんだのですが、問題は配達。何しろ縦横ともに2mの巨大な棚。ぎりぎり二人でなんとか持てる大きさと重さ。

で、今回は、現場集合で別のヘルプを頼んでいざ出陣。
しかし、あいにく当日は強風。車が揺れる揺れる。怖い。

なんとか、別件の一軒めの配達を終えて、荷紐を締めなおして走り出したとたん。ぐらり。あらあら一軒目でおろした机がなくなった分、バランスが崩れて本棚が傾いてしまいました。路肩に車を止めて傾きを直しているその時、びゅんっ、と強風が・・・なすすべもなく荷台から本棚が落下してしまいました。

しばらくは、呆然と立ち尽くす私。どうするんだ、この後。一人では荷台に載せることは到底出来ませんし、載せたとしてもまた同じことに・・・・。
そうやって立ち尽くす私を助けてくれたのは通りがかりの工務店風のおじさん。荷台のあおりの上に倒して載せる、という方法までアドバイスいただき無事積み込み出来ました。ふう。

しかし、当然のことながら棚には傷があちこち出来てしまいました。うーん、一難去ってまた一難。しかし不幸中の幸い。養生の毛布をかぶったまま落下したので、傷は浅いぞ!

e0071811_1665261.jpg


というわけで、配達先のHクリニック近くに工房を構えるため&KANさんに緊急TEL!「Help me!」写真のとおり軽トラの荷台をそのまま作業台にして、鑿や鉋をお借りして修復処置。こちらもありがたいヘルプのおかげでなんとかなりました。ふう。皆様、ありがとうございます!平伏。

e0071811_1665943.jpg


これは5年前に納品した琉球松と樫のワーキング・デスク。その大きさに我ながらちょっとびっくり。こんなにでかかったけ?5年の歳月で貫禄もついておりました。

e0071811_167695.jpg


こっちが、今回納品したカルテ棚と相談用デスク。部屋の中に入れるのにやはり一苦労でしたが無事収まりました。ほっ。

しかし、思い出しても冷や汗たらり。無理をしてはいけないと肝に銘じました。はい。
[PR]
by morinoki8 | 2010-04-01 17:11 | 棚・チェスト

キャビネット

もう1年近く前になりますか、昨年11月に京都にて三人展をしたときのお客様のYさん。
展示会場にて、漆の小さな机(↓下の記事に写真あります)をご注文いただきました。

そのYさんから、9月にお電話をいただき、キャビネットの制作のご相談がありました。
楠の風合と香を大変に気に入ってくださっていて、今回も楠で、ということで細かい寸法図もFAXで頂きました。

なんどかのやりとりの後、GOサインが出て制作にとりかかりましたが、やはり大きな箱モノは大変です。

材料を食う(多分素人さんが考える3倍くらいの板を使います)、精度が要求される、重い、継ぎ手が多い・・・というわけで材料×技術×時間がすべてかさばります。

キャビネット自体のご注文は1年半ぶりですが、この間引出しやチェストなどの箱モノをこなしてきたこともあって、制作は順調に進みました。

e0071811_20565174.jpg


いかがでしょう?
似合う金具を探すのにも一苦労ですが、無事納品し、そしてお礼の電話をいただくことができました(実はこの電話を待つのがドキドキです。実物の見本を見ないで図面と言葉だけの完全オーダーの時は、いつも緊張感いっぱいです。ああ、胃に悪い・・・)。
めでたし。

一度納品したお客様からの繰り返しのオーダーは、嬉しい限りです。今後もこうしてご注文いただけるよう頑張りたいと思います。
[PR]
by morinoki8 | 2008-10-29 21:01 | 棚・チェスト

本棚

「森の樹」にオーダーしてた本棚が、ようやくできました。
どうしても「うちのもの」は後回しになるので・・・
オーダーから約1年。
うちにはもともと本棚が二つありますが、
主に私の本棚にしてたスチール本棚がちょっとグラグラしてきて・・・
e0071811_17283424.jpg

しかしこのスチール本棚は、
morimoriが学生時代から使ってる26年もの!
考えればすごい・・・
26年間いろんな場所へ引越してます。
そしてまた、家から仕事場へお引越しです。

「新本棚」にとりあえず、本やら漫画やら移動させ、
いい感じになったな~と自画自賛してますが、
簡単に作ったので、決してアップにしないように
との事です(笑)


e0071811_17425570.jpg
e0071811_17412045.jpg


新本棚設置とともに、ダイニングも移動させてみたりして、
ちょっと新年への気分転換です!


P.S
ネコの「ことら」は、なんと同じ団地の子供が(娘と同級生)
「僕が飼ってたネコだから」と言いに来て、
連れていかれてしまいました~
「え~っ」って感じだったけど、確かにその子と遊んでる姿もちらほら見てたので。
家族皆ちょっとショック・・・
でしたが
その子のおウチで、本当に飼ってるのか?(もともと団地で飼っちゃいけないんだけど)
ほとんど放し飼い状態なのか、団地敷地内でコトラ見かけます。
morimoriは「もう1回ウチに連れて帰ってしまおうか」
と言ってますが・・・


doremi
[PR]
by morinoki8 | 2007-12-30 17:39 | 棚・チェスト

サボってます

気がつくと2週間更新していませんでした。早い!

前の文章で予告していた通り、7/25日より気合の入った展示会を予定していますので、
その準備におおわらわ。という時に限って、注文が立て続けに。
暇で資金繰りに苦労していたひと月前に来てくれれば!

というわけでカレンダーを睨みながら鬼の形相で仕事しております。暑いし。

そんな中ですが、お店のmokumokuをもっと楽しく賑やかな店にしようとメンバー一同相談中(実際に作業にも入っています)。それで(よせばいいのに)思うところあって、メンバーの皆に喧嘩を吹っかけました。このクソ暑い中、喧嘩を売られる方はいい迷惑でしょうが、それを承知で喧嘩を売るほうもこれまた結構大変す。でもなにもこのクソ忙しい中にしなくても、と自分でも思いますが、こういうのもタイミングがあるので。(さっきからクソ、クソと下品ですいません。私の精神状態を表しているのでしょうか?)

e0071811_2183128.jpg


e0071811_2184335.jpg


こちらは仕上がった小さなチェスト。娘さんの結婚祝いという事でご両親からのご注文。
金具が高かったです(涙)。丸い足も挽き物なので、mokumokuのメンバーのアベクラフトさんに外注。ご要望に合わせて作るため、いろいろ仲間の協力を得ました。

e0071811_2117033.jpg


こっちは工房前でたわわに実る稲穂。実るほど頭を下げる稲穂かなです。ハイ。
これが先週の写真。今日稲刈りが行われました(最新式コンバインなのであっという間です)。
その写真もまたUPしますね。

オマケ
e0071811_21185211.jpg


団地に住み着いて、今まで生き残っているノラちゃん。住民からはチビとかシロとか呼ばれています。赤ちゃん時に捨てられて、一人で生き残りました。たいしたもの。
落ちた花の横で涼んでいたところをパチリ。ところが、あれあれ、腹からお尻にかけてペンキだらけ。どこへ冒険に行ったのやら・・・。
[PR]
by morinoki8 | 2007-07-02 21:22 | 棚・チェスト
先日チラっと触れた沖縄国際大学の岩田研究室。

e0071811_17494522.jpg


ブラインドは、mokumokuの仲間である関山氏のメンアットワークのコーディネート。
ワタクシ、久々の取り付け工事だったのでちょっと手間取りました・・・。

e0071811_1750494.jpg


こちらの本棚は森の樹製。1年以上前から、「研究室の森の樹化計画」のご相談をいただき、年が明けてから現場での打ち合わせにてイメージとサイズが決まり、3月に納品しました。同じサイズの棚が2つ、キャスター付きなので、レイアウトが自在です(岩田助教授のご希望です)。

e0071811_17501969.jpg


こちらは、部屋の真ん中にドンと会議用テーブルが置かれているのを見たもりもりが「アジアンリゾートに会議用テーブルはなかろうもん!」と杉のテーブルをプレゼントしました。
ほんとはもっともっとラフに作るつもりだったのですが、思い切りが悪くちょっと中途半端かもしれません。鉋もペーパーも必要なかったかもしれません。荒くてザラザラしたテーブルのイメージだったのですが・・・。
でも、こうしてみるとパイプ椅子もアジアンリゾートとは言いがたし・・・。次は・・・。

e0071811_17503499.jpg


で、こちらは自宅の琉球松の座卓。奥の美女が岩田先生。
岩田さんは、昔の同僚。といっても沖縄国際大学でではありません。思い起こせば前の職場(第3世界ショップ)に入ったばかりの20年近く前。僕も若かったけども彼女は当時まだ大学生。その後、立ち上げたばかりのWWBジャパン(女性のための世界銀行日本支部)の新人として入社してきました。
その後お互い別の道を進んで、僕は11年前に沖縄に。ところが、あれあれ、岩田さんも大学の先生として来沖。久々の再会を経て、ありがたいことにこうしていろいろご注文をいただくようになりました。
先日のキャビネットのHさんも職場の後輩。こうしてご注文をいただけるのも僕の人徳の賜物でしょうか!な~んてくだらない冗談はさておき、皆さん、こちらの知らない間にどんどんご出世されて、そしてこうしてご注文いただけるようになり、ほんとにありがたいことです。

(みんなもっと出世してねぇ!)
[PR]
by morinoki8 | 2007-05-13 17:50 | 棚・チェスト