handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2006年 02月 03日 ( 1 )

桜咲く

e0071811_16435254.jpg
実は、この間の日曜日の写真。

沖縄の桜(寒緋桜)は1月に咲きます。

ソメイヨシノみたいに、一斉に咲いて一斉に散る、
という心ワサワサの咲き方ではなく、

なんとなく、あちこちで、ちらほらと、ばらばらに、咲いていき、
そして、結構長い間(2-3週間くらい?)持っているうちに気が付いたら
葉桜(花と重なって出てきます)になっています。
はらはら、さらさらと散りゆく花吹雪もみかけません。

そんな、なんとなく、なんとなく、というところが南国らしいです。

ところが、今年は、年末がずっと冷え込んで、
年明けはポカポカ陽気が続いたせいか、一斉に満開となりました。
この10年で初めて、っていうくらい見事な桜です。

ちょうど、この間の土日が一番きれいな頃だったのですが、
日中は、仕事で花見に行かれず。
日曜日の夜、宜野湾のmokumokuの店番の帰りに夜桜を見てまいりました。

「名護桜祭り」の名護城(ナングスク)公園では露店も賑やかに、
若者がワサワサしておりました。
男の子はストリート系かヤンキー系
女の子は、皆揃ってキャバクラでんな。ケバイケバイ。

田舎だからなのか、日本中なのかは知らないけど、
まあ、あまりいいセンスではない。
ストリート系の決まっている男の子は、まあいいんだけど。
女の子がひどいね。

って桜の話でした。はいはい。

夜桜はきれいなのですが、照明が少ないので、あまり見えず。
(名護城って山なんです。急な石段を登っていく)

「この闇の中には、満開のピンクの桜が咲き誇っているのだぁ!」
と想像力をフルに発揮しつつ石段を登っていったのでした。
おマヌケ。

で、若者の海をすり抜けて帰宅したところ、
ハイビスカスの花の下で、少年野球の山田コーチとテニスの知念さんが呑んでいる。

僕も食卓にあったカリフラワーの天麩羅を持参して、花見酒に加わりました。
時に旧正月、スーパー大潮。
同じく県営団地の住民が、取れたての蛸の刺身をふるまってくれたり・・・。
(美味しぃ~~~!)

まあ、そんなこんなの日常のひとコマでした。

☆ワンクリックする?☆
人気blogランキング
[PR]
by morinoki8 | 2006-02-03 16:43 | やんばるの自然