handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ドローナイフ

買いました。ドローナイフ。
e0071811_2074983.jpg


いやー以前から欲しかったのですが、通販で買いました。
写真のように枝の皮むきに最適。

南京鉋(曲がった細い部材を削る両手持ちの鉋)のような使い方も
できるのかもしれませんが、それはちょっと使い勝手に慣れてからかな。
試しにやってみましたが、どんどん材に食い込んでいくので難しい・・・。

枝の皮むきは、あらあら、まあまあ、スイスイスイ。
ってな感じで楽チン楽チン。

今までは、小刀でシコシコやっていましたのですが、これが結構大変で、
気がつくと指に水ぶくれが出来たりします。
なんで、早く買わなかったのか、悔やまれます。
(最近はdoremikoさんや息子君の仕事です。遅くなってごめんなさいね)

で、このドローナイフと一緒に欲しかったのが、スクレーパー。
スクレーパーといえば、はつり屋さんの道具ですが、木工でも使います。

で、欲しかったスクレーパーは、それともまたちょっと違って、
刃付けをして、カンナのように使うもの。
うまく刃付けが出来れば、黒檀などのウルトラ硬木でも、すいすいと削れる(らしい)。
一回買ってみて(安いです)、うまくいけば、切れなくなった替え刃ノコの刃を使って
自作しようかなって思っています。そうなれば、タダだし。うしし。

でもあらあら残念。在庫切れでした。またの機会に。

でも、こうした小さな手道具を今年はいろいろ揃えていきたいなって思っています。
鑿も、基本的なものしか持っていないし、豆カンナも作りたい。
墨つけの道具も・・・。

材料も道具も機械も欲しいものはキリがありません。
必要に迫られて、電動工具も今回ひとつ一緒に注文しました。
でも、優先順位としては、
材料→塗料(漆もやるぜ、今年は!)→手道具→機械という感じでしょうか?

効率を考えると、ついつい機械に頼ってしまうのですが、
彫る、削るという作業は、なんといっても手道具が楽しい!
(うまく、道具が調整できていればの話ですが。そしてその調整に時間がかかる・・・)

ちょっと初心に返って、「楽しい木工」を心がけたい今日この頃です。ハイ。

では、ワンクリックよろしく!
「工芸」人気blogランキング
[PR]
by morinoki8 | 2006-04-04 20:07