handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近の今日この頃

まずは、30年ぶりの高校の同窓会。30年ぶりといえば、卒業後初めてではないですか?

e0071811_21243517.jpg


光陰矢の如し、月日は百代の過客にて、皆盛大におっさん、おばはんになっておりました(涙?笑?)。
でも、400人の同窓生、この日参加した100名を超える皆、その数だけそれぞれの人生があるのですね。あたり前の話だけれども。

同窓会の話は、この日のスナップ写真がCDで届く予定なので、またその時に。

で、実家に戻り、翌日は暇なので車を借りて倉敷に

e0071811_21251540.jpg

e0071811_21253190.jpg


柳に和の美しさを感じます。そして写真だととても涼しげ。実際は、むちゃくちゃな暑さでした。
倉敷に来たのは、日本郷土玩具館と倉敷民芸館が目的。
でもやっぱり倉敷は、大原美術館ですね。工芸分野でも。

その翌日は、両親と一緒に、県北美作~粟倉村へドライブ

e0071811_21262229.jpg


写真は、湯郷温泉にあるオルゴール夢館のオルゴールの部屋。中央のピエロは、眠気と戦いながら恋人に手紙を書きます。見事なオートマタ。

e0071811_21264470.jpg


こちらは、このオルゴール夢館の元々を自費で作った、世界的なオートマタ作家の故西田明夫氏の作品。一度沖縄で直接西田さんのお話を聞くことが出来たのは、今となっては貴重な経験です。
そうそう、なでしこジャパンでいきなり全国区になった湯郷温泉ですが、女子サッカーだけでなく、地道に街をあげてがんばっていました。以前はあんなに寂れていたのに。人の知恵と熱意はたいしたものです。

e0071811_212839.jpg


時間は前後しますが、台風9号。強大な風を吹き付けて2日間居座り続けました。工房の後片付けや修理も、あとから気づいたところもあり、3日ほど費やしました。
写真は停電中に、珍しく3人揃った兄弟で、ろうそくの灯りで久々のトランプをしているところ。
たまには停電もいいのですが、光電話もネットもがこのあと5日も不通。こんな弱いシステム組んでどうするつもりなのでしょうNTTさんも。

e0071811_2133426.jpg


台風の後、市役所から電話。「デイゴの樹が倒れているけど使えないか」とのこと。
ゆいむん工房さん、Oさんに声をかけて現場へ。大きな(直径80cm以上)樹が、根元から裂けていました。
しかし、これは大きすぎる・・・・チェンソーがあるとはいえ木工屋には手に余ります。
というわけで、伐採屋さんを紹介して断念。

e0071811_21341924.jpg


そして海。今年はまだ一度も泳いでいませんでした。
恒例の夏キャンプが今年最初にして最後の海。小潮で潮の流れが緩やかなので、リーフの際までシュノーケリング。ここは竜宮城か、慶良間の海かと見まがうほどの美しさ。色とりどりのサンゴ、本島の浅瀬ではあまり見ることのないテーブルサンゴまで大きく育っていました。そして目の前を横切るのはこれまたカラフルな魚たちの壁。ぷかりぷかりと浮かびながら、ただただ見とれてしまいます。大小のシャコ貝や大きなタコもこんにちは。とても癒されました。来年はもっと頻繁に泳ぎにいかなくっちゃ!

e0071811_2134274.jpg


そしてその夜は、Mさんパパのギターに乗って、大騒ぎ大会。うちの奥様も、おじ様たちも悦に入っています。
(後ろのTシャツは、生活風景ではありません。紫外線の強い沖縄の海ではTシャツを着て泳ぐのです。なのでここはもちろん海岸のゲストハウスなのです)
[PR]
by morinoki8 | 2011-08-31 22:52 | ゆかいな仲間