handicraft森の樹の日常をなんとなく。木工のお話も。


by morinoki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

近藤精宏作陶展

今日からですが、沖縄三越5Fギャラリーにて、近藤精宏氏の作陶展が開催されています。

e0071811_21195324.jpg


近藤氏は、この1月に、組み木作家の小黒三郎氏とともに来沖され、やんばるの木工仲間と一緒に呑みながら工芸について語り合いました。

今回は、初めての沖縄での個展です。僕自身は明日会場にお邪魔して来る予定ですが、沖縄の皆さん、ぜひお越しください。

会期:6月30日(火)~7月6日(月)(最終日は17時まで)
   午前10:30~午後7:30
会場:沖縄三越5階ギャラリー


近藤精宏氏略歴

1945 新潟県柏崎市に生まれる
1971 小山富士夫先生の内弟子として花の木窯開窯に従事
1975 岐阜県瑞浪市半原に独立
2000 NPO法人瑞浪芸術館理事長就任

収蔵 木村茶道美術館 ひなげし美術館 瑞浪美術館 
    宮城まり子ねむの木学園 ・茶室
個展 高島屋(横浜・大阪) 松阪屋名古屋本店 渋谷黒田陶苑 ニューヨーク マニラ

~個展に寄せて~

初めて小山先生の鎌倉の自宅を訪ねた折、「首里の土で焼いたものです」と云われ、デフォルメされた焼き〆の水指を見せていただきました。沖縄の落日の夕陽を想わせる赤々としてゆったりとした造型は強烈な印象で今模忘れる事ができません。
縁あって1975年岐阜県瑞浪市の郊外、恵那山を一望する山里、半原に独立開窯しました。穴窯、登窯、蛇窯で薪を使っての焼成でぬくもりのある美しい器を目指しています。
この度、初めての沖縄での個展です。粉引きを中心に約50点の展覧です。ぜひお立ち寄りください。

[PR]
by morinoki8 | 2009-06-30 21:37 | 工芸